【BELLO】USJ・ユニバがミニオンで商標権侵害!裁判は負ける?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが
商標権侵害で訴えられているという
ニュースが入ってきました。

若者向けファッションブランドと
ミニオンのキャラクターのデザインが
類似しているとのことです。

一体、商品はどれくらい似ていて、
どんな問題なのでしょうか?

スポンサードリンク

USJが商標権侵害で提訴!

USJが商標権侵害で提訴!

USJが商標権侵害で提訴!

問題となっているのは、ミニオンの
トランクスのようです。

どのように似ているかというと、
ブランド名が入っているとのことなんです。

商標権侵害となっている商品は
これです。

商標権侵害となっている商品

商標権侵害となっている商品

BELLOという文字が書かれていて、
その位置がちょうどゴムの部分で
類似しているということなんです。

下のほうが今回、販売差し止めを求めた
大阪市内の男性が商標権を持っている
若者向けファッションブランドのデザインです。

上のほうがユニバでおなじみの
人気キャラクター「ミニオン」の
関連商品です。

大阪市内の男性がUSJに対して、
販売差し止めなどを求めて、
大阪地裁に提訴しているのですが、
USJ側は全面的に争う姿勢を
見せているようです。

今回提訴されたのは、どんな問題か?

今回、提訴した大阪市内の男性は、
個人で、服飾雑貨の製造・販売をしており、
ブランド名として、「BELLO」「Bello」を
商標登録していました。
「BELLO」とは、イタリア語で「いい物」を意味し、
帽子や下着を大手百貨店やインターネットで
販売しています。

大阪市内の男性が商標登録したのが、
2008年以降で、USJがミニオンの関連商品を
販売したのが、2014年からです。

ミニオンの関連商品は、下着や帽子がありますが、
その一部の商品に、「BELLO」という文字を
使っているようです。

このUSJの販売に対して、
大阪市内の男性は、
販売差し止めと1500万円の損害賠償を
求めているようです。

スポンサードリンク

USJ側の見解は?

「BELLO」(ベロー)は、ミニオン後で
「こんにちは」を意味すると説明しています。
そのため、ブランド名「BELLO」と混同することはなく、
売上は、ミニオンのキャラクターによるものだと
反論しています。

これを見て、思ったことが
「BELLO」という文字を見て、
「BELLO」というブランドだと分かる人も
少ないでしょうし、ミニオン語だと分かる人も
少ないような気がします。

商標権に該当するかどうかという点では、
該当する可能性が高いので、
USJの見解が通ることって難しいんじゃないのかなーと
思います。

個人対企業なので、どうなるのか分かりませんが、
今後の行方がとっても気になりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!