【セリーグCS】横浜DeNAが優勝!阪神は完敗、能見が誤算、藤浪好投!

10月17日、プロ野球のセリーグの
クライマックスシリーズ
ファーストステージの第3戦が行われました。

心配していたお天気も午後から
回復し、グラウンドは阪神園芸の手によって、
万全の状態となりました。

試合は、終始横浜DeNAのペースで
試合展開され、阪神タイガースは、
あっさり負けてしまいました。

スポンサードリンク

クライマックスシリーズ第3戦の試合結果

クライマックスシリーズ第3戦の試合結果

クライマックスシリーズ第3戦の試合結果

甲子園球場で行われた
クライマックスシリーズ第3戦の
阪神VS横浜DeNAは、
6-1で横浜DeNAが勝利しました。

第1戦 阪神 2-0  横浜DeNA
第2戦 阪神 6-13 横浜DeNA
第3戦 阪神 1-6  横浜DeNA

横浜DeNAが2勝1敗で阪神に勝ち越し、
ファイナルステージに進出しました。

リーグ戦で3位だった横浜DeNAが
勝ち上がったので、いわゆる下剋上ということに
なります。

第3戦は、意外にもあっさり決着が
ついてしまいました。

先発は、阪神が能見投手でしたが、
初回から大乱調で、フォアボールを与え、
ヒット2本連続で撃たれ、
また、フォアボールを与えました。

1アウトをとったものの、満塁で、
ヒットを打たれ、3点をとられてしまいました。

能見投手自体、調子が悪かったのでしょうか?
1回も投げずに石崎投手にピッチャー交代と
なりました。

阪神の打線のほうは、ヒットが出るも、
なかなか打線がつながらず、ホームが遠いようでした。
唯一の得点シーンは、6回裏でした。
福留の2塁打のあとに、大山がタイムリーヒットを
打ちました。
結局、この1点だけの反撃となりました。

阪神ファンにとって、見ごたえのない試合に
なってしまいましたが、
1回から投手リレーとなったため、
7人の投手が交代で登板することになりました。

その中で、藤浪投手が登板して、
好投したシーンが今日1番の場面ではないでしょうか。

ベンチに藤浪投手がいましたが、
まさか、登板するとは、思いませんでした。

藤浪投手の今日のピッチングは、
2イニング投げて、1安打と抑えていました。
安定したピッチングだったと言えます。

スポンサードリンク

クライマックスシリーズセリーグ総括

3戦終わって、横浜DeNAがファイナルステージに
勝ち上がったわけですが、運ではなく、
横浜DeNAが強かったような気がします。

流れとして、雨天の中、行われた試合から、
横浜DeNAに持っていかれたなーという感じがします。

リーグ戦では、阪神が14勝10敗と横浜DeNAに
勝ち越しているわけですが、
短期決戦では、横浜DeNAのほうが
上だったということでしょう。

3位の横浜DeNAがファイナルステージに行くことに
なりましたが、このまま、今の勢いで、
クライマックスシリーズファイナルステージも
勝つかもしれませんね。

阪神タイガースは、この敗退で、今年の試合は、
終了ですね。

あと1週間ぐらい、試合を楽しめるかなーと
思ってただけに残念ですね。

次は、ドラフト会議を楽しみにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!