【菊花賞2017】台風大雨でG1は荒れる?脚質は先行有利?逃げ切り勝ちか?

10月22日はG1レース菊花賞が京都競馬場で
芝外回り3,000メートルで行われます。

今週末は、台風21号の影響で、
馬場コンディションの悪い状態で
レースが行われる可能性が高いです。

もともと長距離レースは
荒れる傾向がありますが、
悪天候もあって、
大荒れ、大波乱の結果に
なることも予想されます。

人気薄の馬を狙いたいものです。

スポンサードリンク

菊花賞とは?

菊花賞とは?

菊花賞とは?

菊花賞は、皐月賞、日本ダービーに続く、
クラシックレース3冠の最終関門です。

皐月賞は、2,000メートル、
日本ダービーは、2,400メートル、
そして、菊花賞は、3,000メートルで
行われます。

皐月賞と日本ダービーを勝つ馬はいても、
菊花賞は、長距離なので、
3冠を達成する馬は非常に少ないです。

3冠を達成したのは、

1941年 セントライト
1964年 シンザン
1983年 ミスターシービー
1984年 シンボリルドルフ
1994年 ナリタブライアン
2005年 ディープインパクト
2011年 オルフェーヴル

この7頭です。
この中で、シンボリルドルフとディープインパクトは、
無敗で三冠馬に輝きました。

菊花賞は、G1レースの中でも
荒れる可能性の高いレースです。

その理由は、3歳馬が菊花賞までに
3,000メートル以上の距離のレースがないため、
全ての馬にとって、3,000メートルという
距離が未知数だからです。

2,000メートルでは、スピードがなかった馬が、
3,000メートルでスタミナを発揮して、
伏兵馬が台頭することもあります。

菊花賞2017のレース傾向

菊花賞は、京都競馬場の3,000メートルで
行われます。

長距離レースは、短距離レース以上に
騎手の手腕が試されます。

ステップレースは、
阪神競馬場で行われた
神戸新聞杯(G2)です。
このレースの3着までの馬に
菊花賞の優先出走権が与えられています。

神戸新聞杯の勝馬が菊花賞でも優勝することが多く、
直結しやすいレースと言えます。

もうひとつのステップレースが、
中山競馬場で行われた
セントライト記念(G2)です。
このレースも3着までの馬に
菊花賞の優先出走権が与えられています。

こちらは、菊花賞の勝ち馬となったのは、
キタサンブラックぐらいです。

菊花賞2017の出走馬

菊花賞2017の出走馬

菊花賞2017の出走馬


菊花賞2017の出走馬

菊花賞2017の出走馬

フルゲート18頭の出走が決定しました。

人気になるのは、G1皐月賞で
1着だったアルアインではないでしょうか?
ダービー5着で、トライアルレースの
セントライト記念で2着と、
好走しています。
菊花賞でも上位にくる可能性が高いでしょう。

トライアルレースの神戸新聞杯からは、
キセキ、サトノアーサーが出走しています。

また、セントライト記念からは、
さきほどのアルアインを含め、
ミッキースワロー、サトノクロニクルが
出走します。

中でも、アルアインにセントライト記念で
勝利したミッキースワローは注意が必要でしょう。

そのほかでは、
逃げ宣言しているウインガナドルに
期待している人も多いようです。

菊花賞は、長距離レースであり、
動くタイミングでよって、勝ち負けが
決まるとも言われています。
有力馬がけん制し合う間に
逃げ馬が逃げ切ることも考えられます。

雨で行われた菊花賞は荒れるイメージがあります。

2002年の菊花賞は、雨で行われ、
1着は、ヒシミラクル、2着は、ファストタテヤマで
10番人気→16番人気の決着になり、
馬連で、96,070円の配当となりました。
この年は、スタート直後に1番人気の武豊騎乗の
ノーリーズンが落馬するというアクシデントがありました。

今週は、台風の襲来、そして、
大雨での開催になるかもしれません。
何が起こるか分からないでしょう。

スポンサードリンク

菊花賞2017の有力馬

2017年の菊花賞の有力馬は、
アルアインとミッキースワローになるのでしょうか?

なかでもアルアインは皐月賞馬で、
実績も上位で、トライアルレースも2着と
好走しています。
ここもすんなり勝つかもしれません。

ミッキースワローは、
トライアルレースで1着と好走しました。
上がり最速の33.4でアルアインを
差し切りました。
セントライト記念のレースを見る限り、
かなり期待できそうです。

G1レース、そして、長距離レースなので、
騎手の手腕が結果に反映されるでしょう。
ルメール騎手やデムーロ騎手は、
どの馬にのるのでしょうか?

ルメール騎手は、アルアイン、そして、
デムーロ騎手は、キセキに騎乗します。

どちらも人気になりそうですね。

菊花賞2017のお天気は?

菊花賞2017のお天気は?

菊花賞2017のお天気は?

菊花賞が行われる10月22日の
京都の天気はどうなっているでしょうか。

土曜の晩から日曜まで雨が降る予報に
なっています。

良馬場で菊花賞が行われる可能性は
非常に低いと言えるでしょう。

過去実績とは、全く関係のない
馬場適性の高い馬が上位にくるかもしれません。

菊花賞の予想は、非常に
難しくなりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!