【阪神は?】プロ野球合同トライアウトの2017年の選手一覧は?

2017年もトライアウトの季節が
やってきました。

2017年のトライアウトは、
2017年11月15日に
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島で
行われます。

どんな選手が出場するのでしょうか?

スポンサードリンク

2017年の合同トライアウトの詳細

2017年の合同トライアウトの詳細

2017年の合同トライアウトの詳細

2017年の日本プロ野球12球団合同トライアウトは、
11月15日、マツダ スタジアムにて
開催されます。

2017年11月15日(水) 午前10時に開始され
雨天の場合は、翌日16日(木)に順延します。
マツダ スタジアムで開催され、
観覧のための入場料は無料です。

S指定席、内野指定席Aエリアのみで、
全席自由席となります。

メインゲートは、
9時30分開門予定になっています。

2017年のトライアウト出場選手は?

2017年のトライアウト出場選手は、
53名がエントリーしています。
トライアウト参加選手の一覧は、
このようになっています。

【投手】
信楽 晃史(ロッテ)
金森 敬之(ロッテ)
瀬川 隼郎(日本ハム)
中島 彰吾(ヤクルト)
ラファエル・フェルナンデス(元ヤクルト)
野村 亮介(中日)
武藤 祐太(中日)
金子  丈(中日)
岸本 淳希(中日)
塚田 貴之(オリックス)
高木  伴(オリックス)
片山 博視(楽天)
加藤 正志(元楽天)
小林  寛(DeNA)
林  昌範(DeNA)
柿田 裕太(DeNA)
乾  真大(巨人)
土田 瑞起(巨人)
長江 翔太(元巨人)
田面巧二郎(阪神)
岩本  輝(元阪神)
西村  憲(元阪神)
星野 大地(ソフトバンク)
坂田 将人(ソフトバンク)
東方 伸友(ソフトバンク)
巽  真悟(元ソフトバンク)
大隣 憲司(ソフトバンク)

【捕手】
多田 大輔(広島)
中村 亘佑(広島)
寺島 寛大(ロッテ)
赤松 幸輔(オリックス)
松崎 啄也(巨人)

【内野手】
猪本健太郎(ロッテ)
岩崎 達郎(中日)
奥浪  鏡(オリックス)
木村 昇吾(西武)
山崎 憲晴(DeNA)
川相 拓也(巨人)
坂口 真規(巨人)

【外野手】
脇本 直人(ロッテ)
菅原 祥太(ロッテ)
宇佐美塁大(日本ハム)
榎本  葵(ヤクルト)
原   泉(ヤクルト)
飯原 誉士(ヤクルト)
赤坂 和幸(中日)
古本 武尊(中日)
金子 将太(元ソフトバンク)
田代将太郎(西武)
福田 将儀(楽天)
北川倫太郎(楽天)
松本啓二朗(DeNA)
高橋  洸(巨人)

スポンサードリンク

トライアウトの阪神タイガースの選手は?

阪神タイガースからのトライアウト参加者は、
投手から3名参加します。

田面巧二郎(阪神)
岩本  輝(元阪神)
西村  憲(元阪神)

合格するのか、気になるところです。

トライアウトの合格率とは?

トライアウトで模擬試合をして、
スカウトされることになるのですが、
このトライアウトは、
どれくらいの合格率なのでしょうか?

10%を超える年もありますが、なんと1名しか
合格しない年も過去にありました。

合格者は1名、多くても9名なので、
ほとんどの参加者が合格しないと言えます。

合格率は、10%を切るんじゃないかと思います。

ちなみに2016年は、3人合格し、
その合格率は5%でした。

2017年のトライアウトの有力選手は?

2017年のトライアウトの有力選手は、
元ソフトバンクの大隣選手なのではないでしょうか?

大隣選手は、2006年にソフトバンクに
入団しました。

大隣選手

大隣選手

入団当初から1軍で活躍し、
2008年は、11勝をマークし、
2012年は、12勝をマークしています。

2013年に、「黄色じん帯骨化症」を発症し、
手術を行っています。

大隣選手は33歳ですが、まだまだ活躍できる
能力を持った投手だと言えます。

もっとも合格に近い選手なのでしょうか?

どこの球団が獲得に乗り出すのか
楽しみですね。

また、他の選手がどの球団が興味を示すのかも
楽しみにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!