ハウス食品のレトルトカレーを自主回収!対象商品一覧とその理由は?

11月24日、ハウス食品は、
既に出荷しているレトルトカレー15万食を
自主回収すると発表しました。

ハウスのカレーと言えば、
誰もが食べたことある、
カレーですね。

では、どんな商品が自主回収となり、
自主回収の理由とは
何だったんでしょうか。

スポンサードリンク

自主回収対象商品は?

自主回収対象商品

自主回収対象商品

今回、自主回収対象となった商品は、
全部で3種類です。

「3歳からの野菜カレー」

「カリー厨房 粗挽きスパイスのビーフカレー 辛口」

「シェフラベル ビーフカレー 中辛(4個パック)」

この3種類のレトルトカレー商品となります。

それぞれの対象となる賞味期限は、
以下になります。

「3歳からの野菜カレー」

【賞味期限】
2019年2月11日
2019年3月8日
2019年4月8日
2019年5月3日

【出荷数】
104,160個

「カリー厨房 粗挽きスパイスのビーフカレー 辛口」

【賞味期限】
2019年8月17日
2019年8月25日

【出荷数】
40,020個

「シェフラベル ビーフカレー 中辛(4個パック)」

【賞味期限】
2019年2月25日

【出荷数】
1,900パック

スポンサードリンク

自主回収の理由は?

この3種類のレトルトカレー
「3歳からの野菜カレー」
「カリー厨房 粗挽きスパイスのビーフカレー 辛口」
「シェフラベル ビーフカレー 中辛(4個パック)」に
樹脂片(白色)混入の可能性のあることが
判明したようです。

これは、原料製造の過程で混入し、出荷前に
7ミリほどの破片三つを発見したとのことです。

7ミリだと明らかに分かる大きさですね。

顧客からのクレームやお問合せなどは、
まだないようです。

樹脂片(白色)混入した理由は、
タマネギをきざむカッターが
水を供給するホースに当たり、
ホース先端の樹脂が削れて
混入したということです。

自主回収の方法は?

上記の3種類の商品と該当賞味期限である商品を
料金着払いで送付すると、
商品代金を送付してくるようです。

送付先は

サンハウス食品株式会社 R係
〒483-8085 愛知県江南市高屋町西里77
電話:0120-50-2461

になります。

レトルトカレーと言えば、
スーパーでも販売している、
割と身近な商品ですが、
人の口に入るもので、
異物混入は、怖いですね。

何か問題になる前に自主回収となって
良かったように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!