2019年のカレンダーは?ゴールデンウィークが10連休に?天皇陛下の退位に伴い

天皇陛下の退位に伴い、
2019年のゴールデンウィーク(GW)が
10連休になると報道されています。

休みが増えることは嬉しいことですが、
何故、2019年のゴールデンウィーク(GW)が
10連休になるのでしょうか?

2019年のカレンダーとともに
お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

2019年のカレンダーは?

2019年のカレンダーは?

2019年のカレンダーは?

2019年のゴールデンウィーク(GW)の
カレンダーは
以下のようになっています。

4月27日(土曜)
4月28日(日曜)
4月29日(月曜)(昭和の日)
4月30日(火曜)
5月1日(水曜)
5月2日(木曜)
5月3日(金曜)(憲法記念日)
5月4日(土曜)(みどりの日)
5月5日(日曜)(こどもの日)
5月6日(月曜)(振替休日)

現状では、こうなっています。
カレンダー通りにお休みだとすれば、
4月27日~29日が3連休、そして、
5月3日~6日が4連休となります。

4月30日~5月2日は、平日となり、
一部の会社員以外は、会社で働くことに
なりそうです。

天皇陛下の退位に伴う2019年の祝日は?

現状では、
2019年4月30日の天皇陛下の退位し、
皇太子さまが即位され、
改元が2019年5月1日に行われるようです。

この5月1日は、臨時の祝日か休日に
なるようです。

祝日になった場合は、
祝日法というのがあって、
前後の平日を休日にできるので、
4月30日と5月2日が休日にできるわけです。

そうすると、4月27日から5月6日まで、
10連休となるわけです。

ちなみに、5月1日が休日となった場合、
前後の平日は、休みにならず、
5月1日のみの休みとなります。

5月1日が祝日になるのか、休日になるのかで、
2019年のカレンダーが大幅に
変わってくるというわけなんです。

現在の天皇陛下の「即位の礼」が行われた
1990年11月12日は祝日ではなく、
臨時の休日となりました。

スポンサードリンク

なぜ、改元が5月1日なのか?

改元が4月1日だと、問題があるのか?

国民生活への影響を考慮したということなんです。

3月末は、年度末なので、
人事移動などが激しいことや
4月に統一地方選挙が予定されていることから
4月1日の案がなくなりました。

また、連休中のほうが仕事が休みなので、
国民がお祝いしやすいというような話も
あるようです。

2019年5月1日が祝日になるのか、
休日になるのか、気になりますね。

これから、いろいろと決まっていくと思うので、
どうなるのか、注意したいと思います。

error: Content is protected !!