チケットキャンプがサービス停止!商標権違反の疑い?問題点やトラブルは?

「チケットキャンプ」を運営している
大手のミクシィの子会社が
警察の捜査を受けていることが
明らかになりました。

そのため、「チケットキャンプ」は
チケット転売のサービスを
停止すると発表されました。

一体、何があったのでしょうか?

スポンサードリンク

チケットキャンプがサービス停止に

チケットキャンプがサービス停止に

チケットキャンプがサービス停止に

チケットの転売サイト「チケットキャンプ」を運営している
ミクシィの子会社「フンザ」は、
サイト上の表示に対して、
警察の捜査を受けているようです。

商標法違反と不正競争防止法違反の疑いで
捜査されています。

このため、12月7日より「チケットキャンプ」の
新規の会員登録、チケットの出品、購入の受付を停止し、
現時点で購入の申し込みがないものは出品を
取り下げるとのことです。

なお、「再開のめどは未定」と発表されています。

外部の弁護士からなる調査委員会を設置し、
事実確認や原因の究明をこれから
行っていくようです。

以前から価格のつり上げなど、チケット転売は、
問題になっておりました。

突然のサービス停止となったわけですが、
「チケットキャンプ」を利用して、近々、
チケットを購入しようとしていた人も
多いのではないでしょうか?

チケットの価格のつり上げもありますが、
定価と同じ値段で譲る良心的な方もいたので、
「チケットキャンプ」のサービス停止に、
早いサービス開始を望む声も多そうです。

スポンサードリンク

チケットキャンプの問題点やトラブルは?

チケットキャンプのトラブルをいろいろと
調べていたのですが、
結構、いろんなトラブルがあるようです。

チケットキャンプでトラブルが起きて、
困っている人もたくさんいるみたいです。

例えば、チケットキャンプでチケットを購入して、
いざ、コンサートの日に入場拒否されてしまうとか、
そもそもチケットが届かないといったトラブルが
あるようです。

最近は、アーティスト側もチケットの転売に、
対策をしてくることも多いです。

これは、チケットを手に入れて、転売目的の方が
増えてきたからだと言えます。

チケットキャンプの本来の目的は、
行けなくなったチケットを行きたい人に向けて、
チケットを譲るというものです。

これが正しい形ではないかと思います。

チケット転売はいろいろな対策が行われますが、
チケット転売を行う人は、
もぐらたたきのように、あらゆる手段を使って、
チケット転売が行っていることでしょう。

人気アーティストのチケットは、ファンクラブに入っていても
なかなかチケットをとることが難しいです。
チケットが本当に欲しい人に行きわたることは、
いいことですが、営利目的でチケット転売が行われるのは
問題だと思います。

最近は、
転売チケットだと、コンサート会場で本人確認を実施して、
本人じゃなければ、入場できないということもあるようです。
そういった場合、大きなトラブルとなりそうです。
入場できなかったチケットは紙屑となるので、
チケット代金は、どうなるのでしょうか。

今回の警察の捜査によるサービス停止は、
チケット転売を無くしていくために必要なもので、」
仕方ないのかもしれません。

チケットキャンプのような転売サイトが
あること自体、実は、問題があるのかもしれませんね。

まだ、チケットキャンプがサービス停止だということしか
発表されていません。

今後、チケットキャンプがどうなっていくかは、
今後の報道で明らかになっていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!