ラニーニャ現象を分かりやすく!2017年から2018年にかけて冬が寒い!

異常気象の原因となる「ラニーニャ現象」が
発生していると気象庁が発表しました。

この「ラニーニャ現象」のため、
今年度の日本の冬は、かなり厳しい寒さと
なりそうです。

この厳しい寒さとなる原因の
「ラニーニャ現象」とは、
一旦、どのようなものなのでしょうか。

分かりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

ラニーニャ現象とは?

ラニーニャ現象とは?

ラニーニャ現象とは?

ラニーニャ現象とよく似た現象で
エルニーニョ現象というものがあります。

ラニーニャとは、どんな意味なのでしょうか?

ラニーニャとはスペイン語で女の子を
意味する言葉のようです。
ちなみに、エルニーニョは、男の子という意味だそうです。

ラニーニャ現象の意味は、
「太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて
 海面水温が平年より低い状態が1年程度続く現象」
というものです。

海面水温が低い現象ということです。

これにより日本にどんな影響があるのか?

夏は、暑く、集中豪雨などがあり、
冬は、寒波で、場所によっては、大雪となります。

ラニーニャ現象のときは、
東風が強く、暖かい海水が太平洋の西側にたまります。
そのせいで、フィリピン海の海水温が上昇し、気圧が下がります。

夏は、日本の東にある太平洋高気圧で暑くなります。
冬は、シベリア高気圧の勢力が強くなり、
日本では、
西高東低の気圧配置が強まり、寒くなります。

日本では、このラニーニャ現象により、
異常気象となるわけです。

エルニーニョ現象とは?

エルニーニョ現象は、ラニーニャ現象と全く逆のことを
指します。

逆ですが、同じように日本では異常気象となります。

エルニーニョ現象とは、
「東太平洋の赤道付近(ペルー沖)の海面の水温が平年より高い」
ことを言います。

ラニーニャ現象とエルニーニョ現象で
それぞれどう違うのか説明します。

エルニーニョ現象は、
海水面の水温が高く、
夏は、冷夏または猛暑となり、
冬は、暖冬となります。雪も少なくなります。

ラニーニャ現象は、
海水面の水温が低く、
夏は、猛暑となり、
冬は、寒波となり、大雪になります。

スポンサードリンク

2017年の冬は?

2017年の冬は、
ラニーニャ現象が発生し、
冬型が強まり、気温低下傾向となるでしょう。

大雪に注意が必要となりそうです。

ラニーニャの気候は極端なので、
夏は猛暑で冬は寒波となります。

直近では、
2015年にラニーニャ現象で寒波となりました。
年末年始には、寒波により、
全国各地で雪が積もりました。

これから、どんどん寒くなり、
寒い冬となりそうです。

error: Content is protected !!