アマゾンジャパンが二重価格表示で違反!商品内容と価格の一覧は?

インターネット通販多いのアマゾンジャパンが、
景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁が
再発防止を求める措置命令を出しました。

アマゾンジャパンが不当な二重価格表示を
しているとのことです。

対象となった商品はどんな商品だったのでしょうか?

具体的な商品をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

アマゾンジャパンが不当な二重価格表示

アマゾンジャパンが不当な二重価格表示

アマゾンジャパンが不当な二重価格表示

不当な二重価格表示をアマゾンジャパンが
行っていたことが分かりました。

アマゾンサイトには、販売価格の他に
参考価格というものがあります。
この参考価格から販売価格が何%OFFになっているのかを
表示していますが、参考価格自体、
メーカー小売価格より高かったり根拠のなかったりする金額だった
ということなんです。

つまり、消費者に一度も売ったことのないような金額を
参考価格にしたり、メーカー小売価格より高い価格を
参考価格にしていたわけです。

これは、一部の商品にこういったことがあったようです。

これが、「安いかのように表示していた」ことにあたり、
違反となるようです。

では、具体的にどの商品が違反の対象となったのでしょうか?

不当な二重価格表示で違反対象となった商品は?

不当な二重価格表示で違反対象となった商品は
以下の3種類の商品が該当します。

・クリアホルダー
・ブレーキフルード
・甘酒

クリアホルダー

クリアホルダーは3商品が該当します。

(1)プラス クリアホルダー A4 50枚 クリアー FL-170 HO-50 88-105
(2)プラス クリアホルダー A4 100枚 クリアー FL-170HO-100 88-106
(3)プラス クリアホルダー A4 200枚 クリアー(FL-17 0HO-100 88-106)×2

参考価格は、それぞれ

(1)4,860円
(2)9,720円
(3)19,440円

でした。

この価格が違反表示になった理由は、

「クリアホルダー3商品の製造事業者が
 社内での商品管理上便宜的に定めた価格であり、
 一般消費者への提示を目的としていないものであった。」

ということです。

つまり、消費者に向けた金額ではない価格が
参考価格となっていたようです。

ブレーキフルード

ブレーキフルードの該当商品は、1商品のみで、
参考価格は、4,640円でした。

この価格が違反表示になった理由は、

「ブレーキフルードの製造事業者が設定した
 ブレーキフルードのメーカー希望小売価格よりも
 高く任意に設定された価格であった」

ということです。

これは、完全に間違った価格が
設定されていたことになります。

甘酒

甘酒は、「国菊甘酒 900ml」1商品のみで
参考価格が3,780円でした。

この価格が違反表示になった理由は、

「甘酒の製造事業者が設定した価格は、
 甘酒のメーカー希望小売価格よりも高い
 甘酒6本分のメーカー希望小売価格に基づく価格であった」

ということです。

つまり、1本の甘酒なのに、6本分の価格が
参考価格になっていたようです。

これは、設定ミスなのでしょうか?

スポンサードリンク

今回のアマゾンジャパンの違反を受けて・・・

今回の違反表示は、3種類の商品が対象となりましたが、
アマゾンジャパンでは数千万点の商品を
扱っています。

他にも同様のケースがたくさんあると思われます

参考価格は、あくまでも、参考となる価格という
位置付けなんでしょうか。

アマゾンジャパンに出品している
すべての商品の価格を見直すのは、
とんでもなく大変そうな気がします。

error: Content is protected !!