パナソニックのミキサーMXでリコール!理由は?製品品番一覧は?

リコール関連の情報です。

パナソニックのミキサー97万台が
「金属部品が破断して調理物に混入する可能性がある」
ということで、
リコールとなりました。

リコール内容が結構、怖い内容なんですが、
詳細についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

パナソニックのミキサーのリコール内容と理由は?

パナソニックのミキサーのリコール内容と理由は?

パナソニックのミキサーのリコール内容と理由は?

1月31日にパナソニックのミキサーがリコールだと
ニュースとなりました。

リコール内容は、
「金属部品が破断して調理物に混入する可能性がある」
ということです。

金属部品が破断して調理物に入るというのは、
結構、怖い内容ですね。
もし、金属部品を食べてしまったら、
とんでもないことになりそうです。

パナソニックの該当のミキサーは、
2009年1月から2016年1月までに製造された
ミキサーようです。

これまでに、
調理物に混入した破断部品で口の中を切る事故が、
既に2件も発生しているようです。

そのほかには、破断した部品が口に入るというケースも
10件あったようです。

では、パナソニックのミキサーの
どの製品がリコールなのでしょうか。

ミキサーの製品一覧は?

今回、リコール対象となるミキサーは、
以下の製品になります。

【ミキサー】
MX-X38(2009年1月~2012年12月)
MX-X48(2009年1月~2012年12月)
MX-X58(2009年1月~2012年12月)
MX-X108(2009年1月~2012年12月)
MX-X39(2013年1月~2013年12月)
MX-X49(2013年1月~2014年2月)
MX-X59(2013年1月~2013年12月)
MX-X109(2013年1月~2014年2月)
MX-X300(2013年12月~2016年1月)

【タンブラー付きミキサー】
MX-X500(2014年1月~2016年1月)
MX-X700(2013年12月~2015年11月)

【タンブラー】
MX-X100(2013年12月~2015年11月)

品番は、ミキサー正面中央下部、
Panasonicと書かれている下に
「MX-」から始まる品番が書かれています。
そこで品番が確認できます。

スポンサードリンク

リコールの対応内容は?

ミキサーが
「金属部品が破断して調理物に混入する可能性がある」
ということなんですが、
どういった対応になるのでしょうか。

ミキサーがリコール対象の品番であった場合、
無料でミキサーカッターやタンブラーコップ台の
交換部品をお届け・回収してくれるようです。

パナソニックのホームページから、
交換部品のお届け・回収のお申し込みが
できるようです。

部品が届いたあとは、
交換が必要となります。

リコール内容が内容なだけに、
交換が終わるまで、
ミキサーを使用するのは、
危険そうですね。

ミキサーのリコール関連でのお問合せ先は?

お客様のお問合せページは
こちらになります。

パナソニックのお問合せ先

交換部品お届け、回収は、インターネットからでも
ご登録することができるようです。

電話でのお問合せは、こちらになります。

ミキサー市場対策室

0120-870-329

error: Content is protected !!