日馬富士引退後の退職金(特別功労金)はいくら?3割減額とは?

日本相撲協会は
東京・両国国技館での理事会で、
傷害事件を起こして引退した元横綱の
日馬富士への特別功労金を
3割減額することになりました。

退職金と言われている特別功労金ですが、
実際に日馬富士がもらえる特別功労金は、
どのくらいの金額なのでしょうか。

スポンサードリンク

退職金(特別功労金)とは?

相撲を引退するときに特別功労金が支給されます。
これは、会社員でいうところの退職金にあたります。

日馬富士は、傷害事件を起こしたわけですが、
過去に不祥事を起こしている場合でも、
解雇されている場合も、支払われています。

今回、日馬富士にも特別功労金が支給されるわけですが、
3割減額するということです。

3割減額とは、一体、どれくらい金額からの
3割減額なのでしょうか。

歴代横綱は、どれくらいの特別功労金を
もらっているのでしょうか。
すべて推定金額となります。

貴乃花 1億3千万円
朝青龍 1億2千万円
曙 1億円
武蔵丸 9千万円

特別功労金の明確な算出方法は分かりませんが、
横綱としての貢献度で決定するようです。

では、日馬富士の退職金(特別功労金)は
いくらなのでしょうか。

日馬富士の退職金(特別功労金)はいくらなのか?

日馬富士の退職金(特別功労金)はいくらなのか?

日馬富士の退職金(特別功労金)はいくらなのか?

日馬富士の
通算成績は、827勝(歴代11位)で、
優勝回数は、9回(歴代15位)です。

最近の横綱のもらっている金額と成績を考えると、
日馬富士の退職金(特別功労金)は
5千万円ぐらいではと推測されます。

ここから3割減ということを考えると
3千万円~4千万円が
日馬富士の退職金(特別功労金)では
ないでしょうか。

不祥事があったとしても、
これだけの退職金がもらえるんですねー。

会社員の感覚からすると、
非常にあまいように思えます。

2月1日に行われた相撲協会の理事会で、
「3割減」にすることが了承されたわけですが、
2017年末から相撲の話題ばかりが
ニュースとなっています。

最近では、
大砂嵐の無免許運転事件や
4年前に春日野部屋で起きた傷害事件など
公になっていない出来事がいろいろあるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!