【仮想通貨】ビットコインとは何か?簡単に分かりやすく説明!朝礼ネタにも!

こんにちは。優です。


仮想通貨のビットコインがニュースでも話題によくなります。
今さらなかなか聞けないビットコインとは何かを
お伝えしたいと思います。


ビットコインの話は、技術的な話になりがちなので、
分かりづらい部分もありますが、
出来る限り、かみ砕いてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ビットコインとは何か?朝礼ネタにも使える

ビットコインとは何か?

ビットコインとは何か?




ビットコイン(Bitcoin)とは、何のことを指すのでしょうか?


ビットコイン(Bitcoin)とは


「インターネット上に存在する仮想通貨」


のことを言います。


仮想通貨というと、何やら怪しいとか、胡散臭いというイメージを
持つ人も多いですが、紙幣や通貨は、実体がありますが、
仮想通貨は、その名のとおり、仮想で、実体がありません。
通貨がデータとして存在しています。


仮想通貨と同じように実体をもたないもので、
Edyやnanacoなどの電子マネーがあります。


ビットコインと電子マネーは似ていますが、
決定的な違いがあります。


それは、発行責任者がいるかどうかです。


電子マネーは発行元が存在しますが、
ビットコインは発行元が存在せず、
利用者で管理を行います。


現金の対価として存在するが、ビットコインはネットワーク内でゼロから生み出されます。


最近、よく聞くようになったビットコインですが、
ビットコインはいつから存在するのか。


ビットコインは、
2009年にナカモト サトシ(Satoshi Nakamoto)さんによって
仕組みが作られたと言われています。


結構、前からあるわけですが、
日本で新聞やメディアでよく取り上げられるようになったのは、
2017年夏頃からです。


ビットコインは仮想通貨のひとつですが、
仮想通貨はビットコイン以外にどんなものがあるのでしょうか。


仮想通貨にはビットコインとビットコイン以外のコインである
アルトコインがあります。


ビットコイン以外の
イーサリアムやネムなどのコインは、アルトコインと呼ばれています。

ビットコインとお金の違いは何か?



ビットコインは、お金のように紙幣や通貨として、
実体を持たない仮想通貨ですが、
お金のように価値があることは理解できるかと思います。


紙幣や通貨には発行元が存在し、中央銀行などが発行を行っています。
電子マネーもそれぞれの電子マネーで発行元があります。


しかし、ビットコインには発行元がありません。


特定の発行元がないと、どのように管理するのか疑問に思いますが、
複数の技術者が監視、管理し、保証をしあっています。


また、ビットコインは、紙幣や通貨と違って、
最大発行量が2100万ビットコインと決まっています。


紙幣や通貨は、政策などによって、
中央銀行が印刷すれば、いくらでも増やすことができます。


また、お金の振り込みなどの送金を行うとき、
紙幣や通貨なら、銀行が営業している時間しか
お金を送ることができません。


例えば、金曜日の15時以降に銀行振込を行っても、
相手の口座に入金されるのは月曜の9時以降になります。


でも、ビットコインなどの仮想通貨は、
土日祝日、夜間など関係なく、
24時間いつでもお金を送ることができます。


海外への送金では、
紙幣や通貨と仮想通貨では大きな違いがあります。


それは、送金手数料です。


銀行から国際送金を行うと、かなりの手数料がかかりますが、
ビットコインなどの仮想通貨は手数料が安いので、
そういった意味でも紙幣や通貨よりも
メリットがあるわけです。


ビットコインがお金と違う点を
まとめますと

・発行元の特定組織がなく、技術者同士で保証しあう
・最大発行量が決まっている
・時間を問わずに、送金することができる
・海外への送金手数料が安い


というのが特徴となっています。

ビットコインの単位は?



ビットコインの単位は、2つ存在します。


(1)BTC(ビーティーシー)
(2)Satoshi(サトシ)


おなじみなのがBTCで、
1BTCは、100,000,000Satoshi(1億サトシ)になります。


BTCが大きい単位で、Satoshiが小さい単位です。

ビットコインと似ているものは?



ビットコインには、紙幣や通貨のように実体がありません。


ビットコインは、複数の技術者によって管理され
発行元も存在せず、発行量も決まっています。


ビットコインというと、
何やら新しいものに感じますが、
昔からあるもので、ビットコインに似ているものがあります。


それは、「金」です。


金は金融商品として高額で取引が行われ、
発行元が発行しているものではありません。
金は地球上から採掘され、存在する数は、決まっていると言われています。


ビットコインと金は似ていると言えます。


金は数が決まっており、価値は人間が決めて、
取引が行われています。
ビットコインも同じように人間が価値を決めて、
取引を行っています。


これは、多くの人がそのモノを金だと信用しているため、
高額で取引が成立します。


信用が崩れれば、価値はなくなってしまいます。


このイメージは、ビットコインも同じで、
人々がビットコインを価値があるものだと認めているので、
高額で取引されていますが、
信用がなくなれば、価値がゼロになる可能性も有り得ます。


ただし、ビットコインを含む仮想通貨は、
ブロックチェーンという技術を利用しているので、
将来もあり、仮想通貨自体が価値がないものになる可能性は
少ないと考えられています。


紙幣や通貨は、発行元である中央銀行があるので、
価値の保証はありますが、
ビットコインは発行元を持たないため、
急落しても責任をとってくれるようなものではありません。

ビットコインの歴史

ビットコインの歴史

ビットコインの歴史




ビットコインは2009年に誕生しました。
日本で、ビットコインが社会的な認知度を
上げたのは2017年ではないでしょうか。


2014年に仮想通貨取引所である
マウントゴックスが経営破綻をしました。


ビットコインというと、
このマウントゴックスの経営破綻のイメージを
持っている人が多いので、
怪しいだとか、危ないという印象を
持つ人が多いのではないでしょうか。


しかし、2017年になって、
仮想通貨はメディアや新聞で大きく
取り扱われるようになっていきました。


2017年4月には、日本で改正資金決済法が
施行され、仮想通貨に関する新制度が
開始され、仮想通貨の社会的な認知度が
大きく上がりました。


また、2017年9月には中国がICOと
呼ばれる手法での仮想通貨調達を
禁止しました。


2017年12月に1BTC(ビットコイン)が
200万円の価値に達しました。


2013年初頭は1BTC(ビットコイン)が
1万円だったので、およそ200倍以上の
価値が上がりました。


ビットコインについて、なんとなく理解できたでしょうか。
ビットコインには通貨や紙幣にはない
スピーディな決済や送金手数料が安いというメリットがあり、
非常に価値があります。
また、ビットコインは発行量が決まっており、
希少性がつくかもしれません。


まだ、価値が上がるかもしれませんね。
乗り遅れないようにしたいものです。


仮想通貨の理解を深めるには、こちらの記事もどうぞ!

(1)ビットコインとは何か?簡単に分かりやすく説明!

(2)【初心者向け】ビットコイン投資方法の特徴とルールを簡単に解説!

(3)仮想通貨取引所の2段階認証(2FA)は必須!バックアップの設定も解説

(4)低リスクの仮想通貨投資はZaifのコイン積み立て投資がオススメ!

(5)ビットコインの販売所と取引所の違いをZaifで解説!
error: Content is protected !!