仮想通貨取引所の2段階認証(2FA)は必須!バックアップの設定も解説

こんにちは。優です。

仮想通貨を始めるのに、取引所の口座開設を行う手順で、
必ずといっていいほど、2段階認証(2FA)があります。


2段階認証の設定は、難しくありませんが、
初めて設定を行う場合、迷ってしまうかもしれません。


この記事では、2段階認証(2FA)の設定方法と
バックアップの設定について解説いたします。

2段階認証(2FA)とは?

2段階認証(2FA)とは?

2段階認証(2FA)とは?




仮想通貨は、インターネット上で管理されているため、
実体はありません。
自分の資産は、自分で守っていくしかありません。


第3者がパスワードを知って、自分の仮想通貨が盗まれたとしても、
誰も保証してくれないので、しっかりとセキュリティ対策を
行わなければいけません。


また、国内取引所であるビットフライヤーは、
ハッキングされた場合、2段階認証登録ユーザーであれば、
補償の対象となります。


セキュリティに不安な方は、ビットフライヤーを使っていくことを
オススメいたします。


こういった補償制度もあるため、2段階認証設定は、
必須のセキュリティ設定だと言えるでしょう。

2段階認証(2FA)の設定方法は?



2段階認証(2FA)の設定をしていなければ、
どうなるのでしょうか?


仮想通貨の購入を行う取引所は、
ユーザーIDとパスワードでログインを行います。


このユーザーIDとパスワードが第3者である他の誰かに
もれたら、ログインできてしまいます。


それを防ぐのが2段階認証の設定です。


2段階認証の設定をしていれば、
ユーザーID、パスワードに加えて、
定期的に変わるワンタイムパスワードも使って
ログインを行います。


定期的に変わるワンタイムパスワードは、
スマホのショートメッセージ(SMS)に送信されるパスワードや
スマホアプリ「Google Authenticator」で生成されるパスワードなどが
あります。


第3者が悪用するためには、
この定期的に変わるパスワードを推測しなければいけません。


取引所のアカウントを作成したら、
2段階認証の設定は、忘れず行いましょう。


2段階認証の設定では、
「Google Authenticator」というアプリが
Zaifビットフライヤー、コインチェックで
利用できるので、1つのアプリで管理することできるので、
非常に便利です。

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ


ビットフライヤーの2段階認証設定

ビットフライヤーの2段階認証設定

ビットフライヤーの2段階認証設定



ビットフライヤーにログインし、ホーム画面から
[設定]→[セキュリティ設定]→[二段階認証設定を変更する]を
クリックします。


ご本人確認画面

ご本人確認画面




携帯電話のショートメッセージ(SMS)に確認コードが送信されるので、
その確認コードを入力して、[次へ]をクリックします。


変更内容選択画面

変更内容選択画面




[認証アプリを使う]を選択し、[次へ]をクリックします。
(ショートメッセージやメールで受け取る方法もあります)


確認コード入力画面

確認コード入力画面




QRコードが表示されているので、
スマホでアプリ「Google Authenticator」を開く、
QRコードをスキャンします。


スキャンすると、「Google Authenticator」に
6桁の番号が表示されます。


ビットフライヤーの画面に確認コードを入力し、
[二段階認証を設定する]ををクリックします。


これでビットフライヤーの二段階認証は完了です。

コインチェックの2段階認証設定

コインチェックの2段階認証設定

コインチェックの2段階認証設定




コインチェックにログインし、ホーム画面から
[設定]→[二段階認証設定]をクリックし、
[設定する]をクリックすると、QRコードが表示されます。


二段階認証の設定画面

二段階認証の設定画面




QRコードが表示されているので、
スマホでアプリ「Google Authenticator」を開く、
QRコードをスキャンします。


スキャンすると、「Google Authenticator」に
6桁の番号が表示されます。


コインチェックの画面に確認コードを入力し、
[二段階認証を設定する]ををクリックします。


これでコインチェックの二段階認証は完了です。

Zaifの2段階認証設定

Zaifの2段階認証設定

Zaifの2段階認証設定




Zaifにログインし、ホーム画面から
[アカウント]→[アカウントとセキュリティ]→[2段階認証設定]をクリックします。


2段階認証設定画面

2段階認証設定画面




[2段階認証の設定を開始する]をクリックします。


二段階認証の設定画面

二段階認証の設定画面




QRコードが表示されているので、
スマホでアプリ「Google Authenticator」を開く、
QRコードをスキャンします。


スキャンすると、「Google Authenticator」に
6桁の番号が表示されます。


Zaifの画面に確認コードを入力し、
[二段階認証を設定する]をクリックします。


これでZaifの二段階認証は完了です。


2段階認証は面倒ですが、自分の資産をきっちり守るために
必ず設定しておきましょう。

2段階認証のバックアップ方法



2段階認証の設定を行えば、
ログインするために認証を行うスマホが必要になってきます。


スマホを紛失した場合や機種変更した場合、
ログインできなくなります。


そのため、バックアップをとっておく必要があります。


バックアップをとる方法は、一般的に以下の2つがあります。

・別のスマホでQRコードを読み取っておく
・QRコードのスクリーンショットを保存しておく

別のスマホでQRコードを読み取っておく



2段階認証の設定を行うときに、「QRコード」を
別のスマホで読み取っておきます。


これを行えば、1台のスマホを紛失しても、
別のスマホでパスワードの発行を行えます。


スマホやタブレットを2台以上持っている場合は
この方法が使え、非常に簡単にできます。

QRコードのスクリーンショットを保存しておく



2段階認証の設定を行うときに表示される「QRコード」の画像を
保存するか、印刷をしておきます。


QRコードを保存か印刷をしておけば、新しいスマホにしたときに、
そのQRコードを読めば、2段階認証を行えるようになります。


ただ、印刷した場合は、画像が外部に流出すれば、
資産を失う危険性があるので、取り扱いに注意が必要です。


仮想通貨の理解を深めるには、こちらの記事もどうぞ!


2段階認証のまとめ



自分の資産は自分で守らないといけないので、
2段階認証は必ずおこなっておきましょう。


また、スマホ自体にもパスワードをかけ、
取引所ごとに異なるパスワードを設定し、
セキュリティ対策をしっかりしておきましょう。

オススメの仮想通貨取引所は?


初心者でこれからビットコイン投資を始めたい方にお勧めなのは、
ビットフライヤーです。


ビットフライヤーは、取引所の信頼度が高く、
僕も安心して利用できていて、なにより安定感があります。


アカウント作成は無料で始められ、登録も簡単にできるので、
ビットフライヤーでビットコイン投資を始めましょう!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


ビットフライヤーの口座開設手順




仮想通貨の理解を深めるには、こちらの記事もどうぞ!

error: Content is protected !!