太陽フレア2017で地球滅亡!?停電や地震対策は?

9月7日ぐらいから
太陽フレアのニュースが
たくさんあがっています。

しかも、太陽フレアで地球滅亡との
話題も上がっており、
生活にどういった影響があるのか
気になるところです。

太陽フレアの地球への到達は、
9月8日午後3時~午後9時ごろと
予測されています。

太陽フレアとは、何なのか?
人体への影響はあるのか?
また、停電や地震対策は、
どうすればいいか?
地球滅亡の可能性ってあるのか、
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

太陽フレアとは?

太陽フレアとは?

太陽フレアとは?

情報通信研究機構(NICT)は9月7日、
「太陽フレア」が起きたと発表しました。

太陽フレアとは、
太陽で発生している爆発現象のことです。

太陽はガスで出来ており、
北と南の自転速度の違いから、
磁力線が複雑に絡みつき、
一箇所にエネルギーが溜まってしまいます。

そのエネルギーが溜まった場所が爆発し、
フレアを起こします。

小規模な太陽フレアは
1日3回程度起きているそうで、すが、
今回は、大きなニュースと
なっているのは、何故でしょうか?

それは、今回、起きた太陽フレアの
規模が大きいからです。

9月6日 午後6時頃と9時頃、
2度に渡り、太陽フレアが観測されました。

特に、2回目の爆発規模は
通常の約一千倍で最大級だということです。

地球への到達は
9月8日午後3時~午後9時ごろと予測されています。

太陽フレアが地球に到達すると
どんなことが起きるのでしょうか?

地球滅亡の可能性は?

ネットを検索していると、
太陽フレアが地球に到達すると、
地球が滅亡するんじゃないかという
話題が見かけられます。

太陽フレアが起きれば必ず発生する衝撃波の影響で、
地球が滅亡すると言われています。

2012年7月に、地球をかすめた太陽フレアが起こした
太陽嵐について、NASAは、
「過去最強のレベルであった」
と発表しており、地球が滅びる可能性がありました。

太陽の活動は、11年に一度、活発になる
と言われています。

過去に太陽フレアによる影響は?

(1989年8月)

大磁気嵐が起き、
カナダのケベック州で600万人が
9時間の停電にあいました。

(2003年11月4日)

太陽フレアが地球を直撃しました。
スウェーデンで、停電・人工衛星に
不具合・航空機がトラブルを起こしました。
 

太陽フレアが与える生活への影響は?

太陽フレアが発生すると、
多くのX線、ガンマ線、
高エネルギー荷電粒子が発生して、
いろんな現象が起こる可能性が有ります

「デリンジャー現象」といって、
電離層に何らかの理由で異常が
発生することにより起こる通信障害の事。
持続時間は数十分から数時間程度ですが、
数時間以上も続く場合もあります。

「磁気嵐」が起こると
数時間から1日程度の時間をかけて、
地磁気が減少します。
そのせいで、
地上の送電線に影響を与え、
人工衛星や無線通信の障害などの悪影響が出る場合があります。

・地球上で具体的にどんな影響があるのか?

カーナビやスマホなどの
GPSを使用している機器が
正確な位置を把握できなくなります。

携帯電話の音声にノイズが混じり、
聞き取りにくなります。

過去に起きたように停電が起きる可能性が
あります。

スポンサードリンク

・人体にとって具体的にどんな影響があるのか?

人体に与える影響としては、
頭痛や吐き気を訴える人がいるみたいですが、
実際のところ、人体への影響はないようです。

太陽フレアへの地球到達は?

太陽フレアへの地球到達は
9月8日午後3時~午後9時ごろと
予測されています。

今回の太陽フレアは大きいものですが、
パソコンやスマホを破壊するほどであれば、
対策をしっかりとる必要があるかもしれませんが、
そこまでではないとされているので、
必要ないと思われます。

もちろん、
こういったことがあるという心構えは、大切なので、
9月8日午後3時~午後9時ごろの間は、
なんらかの障害があり得るかもしれないと
思っておいたほうがいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!