【仮想通貨】ICOとは?仕組みと内容、メリットとトークンについて

こんにちは。優です。

仮想通貨の世界でよく聞く言葉が「ICO」です。
「ICO」とは、一体どんなことを指すのでしょうか。


この記事では、「ICO」の仕組や内容、
メリットやトークン、そして
ICOの注意点について、お伝えしたいと思います。

ICOとは?IPOとの違いは?仕組みと内容は?

ICOとは?IPOとの違いは?仕組みと内容は?

ICOとは?IPOとの違いは?仕組みと内容は?




ICOとは、「Initial Coin Offering」の略で、
暗号通貨の発行による資金調達のことを指します。


株式の世界では、IPOというものがありますが、
IPOは、株式会社が上場するとき、新規株を
証券取引所で売買できるようにして、
資金の調達を行います。


IPOは、株式による資金調達ですね。


ICOは、企業が新たな仮想通貨である「トークン」を発行して、
資金の調達を行います。


企業が売り出したトークンを保有していると、
その企業が提供するサービスを受けることができたり、
特典があることが多いようです。


また、取引所に上場すれば、トークンを売買することもできるので、
投資という目的で購入する人もいるでしょう。

ICOの買い手側のメリットとデメリット



ICOで、トークンを保有すると、
企業が提供するサービスや特典を受け取ることができ、
早く保有すればするほど、優遇が受けられる場合が多いようです。


また、ICOは、少額から参加できることが多いです。


将来的に、取引所に上場されれば、
売買することもできるようになり、
価値が上がれば、売買差益を得ることができます。


ICOに投資するかどうかは、
トークンに価値があるかが1番の購入基準だと言えます。


では、投資目的で、トークンに価値があると思えば、
投資していけば、将来、大きく上がる可能性があると
いうことですね。


では、ICOのデメリットはどんなことがあるのでしょうか。


まず、このICOは、
事業が予定通りに進められる保証がありません。


事業の撤退や企業が破綻することがあり得るわけです。
これが大きなデメリットです。


また、トークンに価値が無くて、全く普及せず、
価格が上がらないということがあります。


いかにトークンに価値があるかを購入前に
見極める必要があります。

ICOの売り手側のメリットとデメリット



では、企業がICOを発行するメリットはどこにあるのでしょうか。


ICOは、大企業だけでなく、個人でもベンチャー企業でも
可能なんです。


株式のIPOと違って、証券会社などの監査機関を通さなくても、
世界中から資金調達ができ、
出来る限り早く、簡単に資金調達することができます。


株式のように株を発行するわけではないので、
会社の所有権は、そのままで、
自由に事業を展開することができます。


売り手側のデメリットは、
投資している人は期待して投資しているため、
ホワイトペーパーに書かれている内容どおりに
進まなかった場合、
企業は、信用を失ってしまいます。

ICOは詐欺なのかどうか?



ICOでは、
資金集めのためだけの詐欺的なものも
あるようです。


その確率のほうが高いとも言われています。


ICOが詐欺なのか本物なのかを判断するために、
ホワイトペーパーを確認する必要があります。
事業の目的や技術面の詳細が書かれている文書なので、
一般人にはなかなか理解することができません。


ICOは、誰がやっているプロジェクトかが分かっていて、
実績の持つ人が関与していれば、
詐欺の可能性は低いようです。


投資初心者にとっては、ICOは、
投資するのに判断がなかなか難しいと言えます。


トークンの価値が大きく上がるものもあるようですが、
しっかりとした見極めが必要だと感じます。


仮想通貨初心者にとっては、
ブロックチェーン技術に将来性に期待して、
余剰資金を積み立て投資するほうが
リスクが低いと言えます。


僕がオススメなのは、Zaif(ザイフ)の積み立て投資です。


毎月、一定の金額で仮想通貨を購入して、
相場を気にせずに放置しています。


仮想通貨を買わなくて後悔するぐらいなら、
1,000円から始めれるZaif(ザイフ)の積み立て投資を
してみてはどうでしょうか。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ

error: Content is protected !!