【仮想通貨】ビットコインの販売所と取引所の違いをZaifで解説!

こんにちは。優です。

仮想通貨の取引所には、販売所と取引所があります。
これから、ビットコインなどの仮想通貨を購入するときに、
迷うかもしれません


販売所と取引所には、どんな違いがあるのか、
お伝えしたいと思います。

仮想通貨取引所とは?



ビットコインなどの仮想通貨を購入は、
仮想通貨取引所で行います。
仮想通貨取引所は、インターネットサイトに存在し、
そこで、日本円と仮想通貨の交換を行います。


国内の主な仮想通貨取引所には、
コインチェック、ビットフライヤー、ザイフなどがあります。


これらの仮想通貨取引所に口座開設すれば、
仮想通貨の購入をすることができます。



仮想通貨を始めたい方は、まず、口座開設から始めましょう。
口座開設の登録はすぐ終わりますが、
簡易書留のハガキの受取まではしばらく時間がかかります。


なので、仮想通貨を始めようとおもってから口座開設すると、
実際に始めるまでに時間がかかってしまいます。

販売所と取引所の違い

販売所と取引所の違い

販売所と取引所の違い




仮想通貨取引所で仮想通貨を購入するする場所に
販売所と取引所というものがあります。


この2つの違いについて、説明いたします。


・販売所は、仮想通貨取引所との売買
・取引所は、個人間での取引


簡単にいうと、売買する相手が違うということです。


仮想通貨取引所もあらかじめ多くの仮想通貨を保有しています。
なので、仮想通貨取引所と仮想通貨の売買が行うことができます。
仮想通貨取引所は、価格が決まっているので、
売買は、すぐに成立します。


販売所と違って、取引所の売買相手は、不特定多数の個人です。
自分が買いたいと思ったときに、個数や価格を決め、注文を行います。
売りたいと思う相手が現れたら、売買が成立します。
なので、売買に時間がかかります。

販売所と取引所のメリット・デメリット



販売所と取引所にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。

販売所のメリット


販売所のメリットは、
仮想通貨をいつでも売ったり買ったりすることができるという点です。
また、指定した量を取引することができます。

販売所のデメリット


販売所のデメリットは、
取引所よりも手数料が割高だということです。
これは、仮想通貨取引所が販売手数料を上乗せしている可能性もあるため、
手数料が高くなっています。

取引所のメリット


取引所のメリットは、個人との取引なので、
販売所と比べて、手数料を安く済ませることができます。

取引所のデメリット


取引所のデメリットは、個人との取引になるため、
すぐに購入できないという点です。

Zaif(ザイフ)で販売所と取引所の違いを解説



仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)で、
販売所と取引所の違いについて、見てみましょう。


Zaifの画面の右上のほうにこんな表示があります。


販売所と取引所の違い

販売所と取引所の違い




[簡単売買]と[取引]という表示があって、
[簡単売買]というのが販売所、そして、
[取引]というのが取引所になります。


販売所では、
すぐに簡単に仮想通貨を購入することができます。


Zaif簡単売買

Zaif簡単売買




買いたい数量を入力し、ボタンをクリックすれば、
仮想通貨を購入することができます。


仮想通貨を簡単に売買することができます。


では、取引所はどのように取引するのでしょうか。


取引所

取引所




簡単売買に比べて、画面が非常に難しいように見えますが、
画面右上のところに、買いたい価格と数量を入力して、
買うことができます。


販売所に比べて、安い手数料で購入することができますが、
必ずしも取引が成立するわけではないので、
取引成立に時間がかかってしまうかもしれません。


販売所と取引所で実際、どれくらいの手数料の差があるのでしょうか。


販売所と取引所の手数料の差

販売所と取引所の手数料の差




販売所では、1,135,808円で、
取引所では、1,113,550円となっており、
なんと!2万円ぐらいの差があります。


この差は、都度変わっていくので、一概には言えませんが、
見たときは、2万円ぐらいの差がありました。


これを見ると、やはり、取引所で仮想通貨を購入したほうが
お得だと言えますね!


ただ、場合によっては、
販売所と取引所の相場が逆転して、販売所のほうが安いこともあります。

なぜ、販売所と取引所があるの?



ここまで読んでいただいた方は、
取引に利用するのは、
手数料の安い取引所だけでいいんじゃないかと
思ったかもしれません。


実は、仮想通貨取引所によって、
取り扱っている銘柄が異なります。

コインチェック


<販売所での取り扱い銘柄>

(1)ネム(XEM)
(2)リスク(LISK)
(3)リップル(XRP)
(4)ダッシュ(DASH)
(5)ライトコイン(LTC)
(6)イーサリアム(ETH)
(7)モネロ(XMR)
(8)イーサリアムクラシック(ETC)
(9)オーガー(REP)
(10)ジーキャッシュ(ZEC)
(11)ビットコイン(BTC)
(12)ファクトム(FCT)
(13)ビットコインキャッシュ(BCH)

<取引所での取り扱い銘柄>

(1)ビットコイン(BTC)


コインチェックの販売所ではさまざまな銘柄を取り扱っていますが、
取引所ではビットコインのみとなっています。

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

<販売所での取り扱い銘柄>

(1)ライトコイン(LTC)
(2)イーサリアム(ETH)
(3)イーサリアムクラシック(ETC)
(4)ビットコイン(BTC)
(5)ビットコインキャッシュ(BCH)
(6)モナコイン(MONA)

<取引所での取り扱い銘柄>

(1)ビットコイン(BTC)


ビットフライヤーの取引所は、ビットコインしか取り扱っておらず、
手数料が0.01%~0.15%かかってきます。

Zaif(ザイフ)


<販売所での取り扱い銘柄>

(1)ビットコイン(BTC)
(2)モナコイン(MONA)

<取引所での取り扱い銘柄>

(1)ネム(XEM)
(2)イーサリアム(ETH)
(3)ビットコイン(BTC)
(4)イーサリアムクラシック(ETC)
(5)ビットコインキャッシュ(BCH)
(6)モナコイン(MONA)


Zaifの取引所は、いろんなコインを取り扱っており、
何より、ビットコインは手数料がマイナスなので、
Zaifから手数料をもらえちゃいます!

販売所と取引所の違いのまとめ



販売所と取引所で手数料が変わることはお分かりいただけたでしょうか?


販売所で仮想通貨を購入していては、
もったいないです。


少しでも安く買うなら、取引所で購入しましょう。
仮想通貨取引所によって、相場も違うので、
1社だけの登録ではなく、
いろんな仮想通貨取引所の口座を持つことをおススメしています。

Zaif(ザイフ)の口座開設


bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設



仮想通貨の理解を深めるには、こちらの記事もどうぞ!

error: Content is protected !!