【仮想通貨】ビットコインと電子マネーの違いとは?

こんにちは。優です。

仮想通貨のビットコインというと、
デジタルのお金というイメージを持つと思います。
デジタルのお金といえば、nanacoやsuicaやWAONなどの
電子マネーも同じです。


では、この電子マネーとビットコインの違いは、
どういったところなのでしょうか。

ビットコインと電子マネー違いとは?

ビットコインと電子マネー違い

ビットコインと電子マネー違い




デジタルのお金というと身近のものが
nanacoやsuicaやWAONなどの電子マネーです。
コンビニやスーパーなどで利用すると人も
多くなってきました。


ビットコインもデジタルのお金ですが、
電子マネーとどのように違うのでしょうか。

発行元



まず、発行元が違います。
電子マネーは、企業が発行しています。
nanacoであれば、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが
発行しており、
suicaであれば、東日本旅客鉄道(JR東日本)が
発行しています。


しかし、ビットコインは発行元がありません。
管理はネットワークを構成するユーザー会員で行います。
このため、同じ取引内容を共有するため、
不正行為があれば、バレてしまいます。
この安全性を支えているのが、ブロックチェーンと言われる技術に
なっています。


価格の変動



次に価格の変更です。


電子マネーは、価格の変動がありませんが、
ビットコインは価格の変更があります。
これがあるため、ビットコインが投資の対象に
なっています。


1,000円を電子マネーに交換しても、
その価値は、使わない限り、1,000円のままです。
しかし、ビットコインは、そのときによって、
価値が変わってきます。


電子マネーは決済できる場所が多いですが、
ビットコインが決済できる場所は限られています。

ポイントの付与


&nbsp
電子マネーでは、ポイントが溜まったりする仕組みがありますが、
ビットコインにポイント制度はありません。


電子マネーは、ポイントが溜まるという価値がありますが、
ビットコインは、そういったポイント制度はありませんが、
ビットコイン自体の価値が変動していきます。


ビットコインを保有しておくだけで、
価値が上がる可能性もあります。

人に移転できるかどうか



電子マネーは、現金をチャージして、そのチャージした電子マネーを
他人や友達にあげることはできません。


しかし、ビットコインは、他人や友達などに移転することができます。


これがビットコインの大きな特徴です。

読み取りの方法



ビットコインと電子マネーでは、読み取りの方法が異なります。


電子マネーは、駅の改札で読み取ったり、
コンビニのレジでカードを読み取ったりします。


必ず、ICカードかスマホを端末にかざして、読み取りを行います。


ビットコインにICカードはありません。


ビットコインは、QRコードを読み取って決済を行います。
ここが大きな違いになります。


実際にビットコインを利用する方法は、
お店側が用意したQRコードを読み取って
送金ボタンを押すだけで完了します。

利用できる場所



日本で発行された電子マネーは、日本国内でしか利用することができません。


ビットコインは、国境を越えたデジタルマネーなので、
世界中どこでも使うことができます。


外国へ旅行へ行くときや、日本へ旅行に来る海外旅行客にとっても
便利な支払い方法だと言えます。

ビットコインの電子マネーの違いのまとめ



ビットコインと電子マネーの違いについて、
お伝えしましたが、
世界中どこでも使えるビットコインは、
非常に便利だと言えます。


ビットコインの決済が日本で使える場所は限られていますが、
キャッシュレスが進んでいるので、
ビットコインもどんどん導入されていくと思います。

error: Content is protected !!