【仮想通貨】ロングとショートって何?意味と違いは?

こんにちは。優です。

仮想通貨取引所のチャットなどを見ていると、
専門用語がたくさん出てきて、
何のことか全く分からないと思います。


特に、ロングだとか、ショートだとか、
言葉がよく出てきます。
全く初めての初心者であれば、何のことか分からないと思います。


この記事では、仮想通貨のロングとショートについて、
解説していきたいと思います。

ロングとショートって何?

ロングとショートって何?

ロングとショートって何?




「ロングで儲けた!」「ショートで稼げた」というふうに
使います。


ロング、ショート、それぞれどんな意味なのでしょうか。


ロングやショートと言われていますが、正式名称は、
ロングポジション、ショートポジションと言います。


まず、ロングとは、「仮想通貨を安い時に購入して、高いときに売ること」です。


ロングは、シンプルな考え方なので、
理解しやすいと思います。


ロングに対して、ショートは、考え方が難しいです。
ショートは、「仮想通貨を誰かに売って、安くなったときに仮想通貨を買い戻す」ことを言います。


高いときに売って、安くなった時に買うので、ロングとは逆の考え方になります。


一瞬、ロングとどう違うのって思うかもしれませんので、
詳しく説明をしていきます。

ショートをもっと詳しく



ショートは、仮想通貨を誰かに売るというところから始まるのですが、
手元に仮想通貨がなくても取引することができます。


手元に仮想通貨がなくて、売るためには、
誰かから仮想通貨を借りる必要があります。


仮想通貨を借りることができるのかと思うかもしれませんが、
証拠金を渡して、仮想通貨を借りることができます。


例えば、1BTC=120万円のときに、誰かから仮想通貨を借りて、売ったとします。
その状態から相場が1BTC=100万円まで下がったとします。
そこで、借りていた仮想通貨を買い戻して、返したとします。


そうすれば、20万円の利益が手元に残ることになります。


相場自体は、120万円から100万円に下がっているのに、
利益を出すことができます。
これがショートという考え方になります。

ショートの問題点とは?



ロングは初心者向きで、ショートは初心者には難易度が高いと言われています。


それはどういった意味なのか?


ロングは、安いときに仮想通貨を購入して、
相場が上がれば、儲かるし、相場が下がれば、損をしてしまいます。


損をするのは、相場が下がったときのみとなります。


ショートもロングと同じで、相場が下がれば、儲かるし、
相場が上がれば、損をしてしまいます。


しかし、それだけではありません。


ショートは、ロングと違って証拠金という手数料がかかることになります。


毎日、一定の手数料がかかるため、長く保有すると、
それだけリスクがあるということになります。


相場が下がればいいですが、上がった場合、長く保有すると、
保有した日数分、手数料が発生してしまいます。


これがショートのリスクであり、問題点です。

ショートの戦略は?



ショートの考え方を知ることで、
相場が下がっても稼げることが分かりますね。


「相場が下がる=全員、損してる」わけでもないのです。


ただし、ショートは、手数料がかかるので、
相場が上がってしまった場合、
手数料と相場上がったことによる損失が出るので、
大きな損失となります。


また、ロングは、100万円の相場が0円になれば、
100万円が0円になるだけですが、
ショートは、100万円がどこまでも上がる可能性があるので、
損失が大きく膨らむ可能性があります。


これを考えると、ショートリスクが高い戦略と言えるでしょう。

仮想通貨のロングとショートのまとめ



仮想通貨のロングとショートの意味について、
理解できたでしょうか。


ショートは、相場が下落していても
利益を出すことができますが、
リスクの高い戦略になります。


仮想通貨は株式とは違って、相場の変動が激しいので
感覚で取引をしてしまうと、大きな損失を出してしまうかもしれません。


リスクを理解した上で、取引をしていきましょう。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。

error: Content is protected !!