バイナンス(Binance)は怪しい?メリットやデメリット、評判は?

こんにちは。優です。

バイナンス(Binance)は怪しいのか?


これから仮想通貨を始める方は、
まず、国内の取引所に口座を開設して、
仮想通貨を購入してみて、慣れてきたら、
海外の取引所を利用するといいでしょう。


海外の取引所のひとつであるバイナンス(Binance)は、
約100種類以上の仮想通貨を取り扱っており、
世界の仮想通貨取引量ランキングが1位になりました。


僕もいろんなメリットがあるので、
バイナンス(Binance)を使い始めました。


バイナンス(Binance)は、中国の取引所なので、
怪しい取引所なんじゃないかと思う人もいるようですが、
気になっている人も多いと思うので、調べてみました。

バイナンス(Binance)は怪しい?

バイナンス(Binance)は怪しい?

バイナンス(Binance)は怪しい?




バイナンス(Binance)は、2017年7月に開設された取引所です。
取り扱い通貨が多く、約100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。
世界の仮想通貨取引量ランキングが1位になり、
非常に勢いのある取引所です。


多くの人がバイナンス(Binance)を利用しているわけですが、
バイナンス(Binance)を利用するメリットがたくさんあります。


中国の取引所だといって、怪しいかというと、
そういうわけではありません。


これからお伝えするメリットは、
利用者にとって大きなメリットなので、
バイナンス(Binance)がなぜ、これだけ勢いのある取引所なのか
お分かりいただけると思います。

バイナンス(Binance)のメリット

バイナンス(Binance)のメリット

バイナンス(Binance)のメリット




バイナンス(Binance)を利用するメリットについて
説明します。

取扱い通貨の種類が多い



バイナンス(Binance)では、
約100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。


有名なコインで、今後、一攫千金を目指すことは難しいですが、
マイナーなコインだと、一気に高騰し、
一攫千金となる可能性もあり得るでしょう。


国内で購入できるコインのほとんどが
バイナンス(Binance)で購入することができます。


バイナンス(Binance)に登録しておけば、
情報をつかんだときにいつでもコインを買うことができます。


トロン(TRON)やエイダ(ADA)もバイナンス(Binance)で取り扱っています。


取り扱っている仮想通貨の種類が多いと、
10倍、100倍となる夢のような通貨を見つけれる可能性も出てきます。

取引手数料が格安



バイナンス(Binance)の取引手数料は、0.1%です。
ビットコインだけでなく、アルトコインも一律でこの手数料なんです。


バイナンス(Binance)のトークンであるBNBトークンで
手数料を支払うと、手数料が0.05%になります。


100万円の取引で、500円の手数料しかとられないわけです。
これぐらいの手数料なら、手数料自体、気にしなくなります。
手数料は、取引すればするほど、かかってくるので、
手数料が安い取引所のほうがお得に利用することができます。


国内取引所でもバイナンス(Binance)でも買えるコインであれば、
バイナンス(Binance)で購入したほうが、お得に買うことができます。
特に、何度も短期の取引を行う方は、
それだけ、手数料がかかるので、
手数料の安い取引所を選ぶことをおススメいたします。

簡単に登録できる



バイナンス(Binance)は、日本語表示されていないので、
英語が苦手な初めての方だと、登録するのが難しいと思うかもしれません。


でも、意外と簡単に登録でき、5分ぐらいで完了します。
また、身分証明書を提出しなくても、
1日の出金額が2BTC以下の制限つきなら、取引を始めることができます。


国内の取引所のように、
簡易書留のハガキを待たなくても、始めることが
できるわけです。


Binance(バイナンス)公式ページ

バイナンス(Binance)のデメリット

バイナンス(Binance)のデメリット

バイナンス(Binance)のデメリット




では、バイナンス(Binance)のデメリットは
どんなことがあるのでしょうか。


大きなデメリットは、日本円で入金できないという点です。


国内取引所のように日本円をそのまま取引所に入金することができません。


バイナンス(Binance)に入金するには、
Zaif(ザイフ)などの国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、
バイナンス(Binance)へ送金する必要があります。


これから、仮想通貨を始めて、バイナンス(Binance)を利用する方は、
国内取引所と海外取引所の2つの登録をしない
始めることができません。


次のデメリットは、日本語でのサポートがないという点です。


バイナンス(Binance)のサポートは日本語に対応していません。
英語ができないと、翻訳ツールで調べながら、
やっていく必要があります。


ただ、バイナンス(Binance)を利用している日本のユーザーが多いので、
Google検索すれば、欲しい情報が見つかると思います。


メリットとデメリットを比較すると、
圧倒的にメリットが大きいと思います。


バイナンス(Binance)は、デメリットというほどの
デメリットがない素晴らしい取引所だと言えます。


Binance(バイナンス)公式ページ

バイナンス(Binance)の評判






このように、バイナンス(Binance)の評判は、
非常にいいです。


悪い評判を探してみましたが、特に見つかりませんでした。

バイナンス(Binance)をなぜオススメするのか?

バイナンス(Binance)をなぜオススメするのか?

バイナンス(Binance)をなぜオススメするのか?




バイナンス(Binance)は海外の取引所なので、
なかなかとっつくにくいですが、
色々な仮想通貨を買ってみたい方
手数料を押さえたい方には、オススメの取引所です。


Binance(バイナンス)に登録する

バイナンス(Binance)の登録方法は?

バイナンス(Binance)の登録方法は?

バイナンス(Binance)の登録方法は?




バイナンス(Binance)の登録方法は簡単です。


(1)バイナンス(Binance)の公式ページにアクセスします
(2)登録を選択します
(3)メールアドレス、パスワードを入力し、登録します
(4)入力したメールアドレスにメールが届くので、[Verify Email]を選択します


より詳しい登録手順については、こちらの記事を見てみてください。




バイナンス(Binance)の入金方法は?

バイナンス(Binance)の入金方法は?

バイナンス(Binance)の入金方法は?




海外の取引所では、日本円をそのまま入金することができません。


じゃあ、どうやって、入金するのか疑問に
思うと思います。


バイナンス(Binance)では、銀行口座の登録はせず、
送金を行います。


バイナンス(Binance)で仮想通貨を売買する手順について、
お伝えします。

<バイナンス(Binance)で仮想通貨を購入する手順>

手順1 国内取引所に日本円を入金する
手順2 入金した日本円でビットコインを購入する
手順3 国内取引所からバイナンス(Binance)にビットコインを送金する
手順4 送金されたビットコインで仮想通貨を購入する


<バイナンス(Binance)で仮想通貨を売却する手順>

手順1 バイナンス(Binance)で仮想通貨を売却し、ビットコインにする
手順2 バイナンス(Binance)から国内取引所にビットコインを送金する
手順3 国内取引所に送金されたビットコインを日本円に替える
手順4 国内取引所で日本円を銀行口座に出金する



バイナンス(Binance)で仮想通貨を売買する手順を
大まかにご理解していただけたでしょうか。

バイナンス(Binance)のまとめ

バイナンス(Binance)のまとめ

バイナンス(Binance)のまとめ




バイナンス(Binance)は怪しいのか?という話から
バイナンス(Binance)のメリット、デメリットを
お伝えいたしました。


バイナンス(Binance)は、なんといっても、
取り扱いコインが豊富で、手数料が激安です。


過去にバイナンス(Binance)の人気がありすぎて、
新規登録を停止したこともあるので、
お早めに登録することをおススメいたします。


Binance(バイナンス)に登録する

error: Content is protected !!