【仮想通貨】Wanchain(WAN)の買い方は?特徴と将来性も解説

こんにちは。優です。

仮想通貨のワンチェーン[Wanchain(WAN)]について、
価格や特徴、将来性、買い方について調べてみました。


このワンチェーンに興味を持ったのは、
2018年3月23日に海外の仮想通貨取引所である
Binance(バイナンス)に上場したからです。




Wanchain(WAN)とは?

Wanchain(WAN)とは?

Wanchain(WAN)とは?




Wanchain(WAN)は中国の仮想通貨の銘柄です。


異なるブロックチェーンネットワークを接続し、
相互通信能力を向上させるようです。


Wanchain(WAN)は中国版リップルと言われていて、
リップル(XRP)は、銀行などの金融機関を接続する通貨として、
利用拡大を目指しており、
Wanchain(WAN)はビットコインやイーサリアムのような
ブロックチェーンでできている仮想通貨を相互接続することができるようです。


最大供給量は、210,000,000(WAN)です。


公式サイトは、こちらになります。


【公式サイト】https://www.wanchain.org/


仮想通貨は、ビットコインからリップルへ交換してから、
ネムに交換したい場合、基軸通貨であるビットコインに交換してから
ネムに交換する必要があります。


リップルからネムに直接交換することができません。


そうすると、何度も取引が発生するので、
売買手数料が多くかかってしまいます。


Wanchain(WAN)を使えば、
リップルからネムへ直接交換できるようになるようです。


細かい技術的なことまでは分かりませんが、
異なるブロックチェーン同士をつなぐようなので、
将来性のあるコインだなーと感じます。


Wanchain(WAN)は、
2018年3月23日に海外の仮想通貨取引所である
Binance(バイナンス)
上場が行われました。

Wanchain(WAN)の価格は?

Wanchain(WAN)の価格は?

Wanchain(WAN)の価格は?




Wanchain(WAN)の価格は3月27日現在、

1WAN=0.00044038BTC

です。


日本円で計算すると、

1WAN=377.663円

です。

Wanchain(WAN)の買い方は?



Wanchain(WAN)は、海外取引所であるBinance(バイナンス)
購入することができます。


Binance(バイナンス)では、
日本円を入金することができないので、以下の手順で
購入する必要があります。


Wanchain(WAN)の買い方は、
まず、国内取引所で日本円で入金し、
ビットコインかイーサリアムを購入します。


そして、購入したビットコインかイーサリアムを
Binance(バイナンス)の送金します。


送金したビットコインかイーサリアムを使って、
Binance(バイナンス)
Wanchain(WAN)を購入します。


Wanchain(WAN)を購入するためには、
国内取引所とBinance(バイナンス)
口座の開設が必要となります。





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


では。

error: Content is protected !!