【仮想通貨】シスコイン(Syscoin/SYS)とは?特徴と将来性、買い方について

こんにちは。優です。

Binance(バイナンス)に上場したシスコイン(Syscoin/SYS)について
調べてみました。
シスコイン(Syscoin/SYS)の特徴、将来性、
買い方について、お伝えしたいと思います。

シスコイン(Syscoin/SYS)の概要は?



発行上限枚数は、888,000,000 SYSで、
2014年7月4日に公開されました。


シスコイン(Syscoin/SYS)は、多機能アルトコインプラットフォームで、
さまざまなビジネスの場面で利用が期待されている仮想通貨です。


主な機能としては、分散型台帳、分散型データベース、ブロックチェーンの3つが
提供されています。
特徴としては、ほぼゼロのトランザクション手数料、
非常に速いトランザクションスピード
が挙がられ、
商品や資産を取引するビジネスインフラストラクチャーや
安全なデータ認証等の機能を提供します。


既にシスコイン(Syscoin/SYS)は、マイクロソフトが
プロジェクトのひとつに組み入れ、将来性が期待できるコインだと言えます。

シスコイン(Syscoin/SYS)の特徴は?

シスコイン(Syscoin/SYS)の特徴は?

シスコイン(Syscoin/SYS)の特徴は?




シスコイン(Syscoin/SYS)の特徴は以下のものが
あげられます。


・分散型マーケットプレイス
・通貨の送受信
・暗号化されたメッセージング
・サーバーダウンなし
・エスクローサービス
・デジタル証明書


分散型マーケットプレイス


シスコイン(Syscoin/SYS)ウォレットは、完全に分散されたマーケットプレイスがあります。
そのため、商品の売買や他社のプロダクトの再販もすることができます。
これは、AmazonやEbayのようなマーケットプレイスです。

通貨の送受信


シスコイン(Syscoin/SYS)の送金機能は、
信頼できる方法で、安全で確実な送金と受け取りを可能とします。

暗号化されたメッセージング


シスコイン(Syscoin/SYS)のメッセージ機能を利用することで、
安全に暗号化されたメッセージを送受信することができます。

サーバーダウンなし


シスコイン(Syscoin/SYS)マーケット上の商品は常にオンラインです。
Syscoinが100%稼働することによって、マーケット上の商品はいつでも取引の利用ができます。

エスクローサービス


シスコイン(Syscoin/SYS)のエスクローサービスを利用することで、
利用者は売上資金がしっかり確保されているということを購入者に知らせることができます。

デジタル証明書


デジタル証明書を利用して、最適化された暗号技術を用いた文書サービスを利用することができます。

シスコイン(Syscoin/SYS)の将来性は?


シスコイン(Syscoin/SYS)ウォレットには、
利用者同士が商品の売買できる「マーケットプレイス」があって、
AmazonやEbayのように管理者がいない自由な経済活動が
でき、ビットコインで家の売買さえも可能になるようです。


管理者がいないので、違法薬物の売買が行われる可能性もあり、
このような利用が増えれば、問題になる可能性もありそうです。


シスコイン(Syscoin/SYS)は、マイクロソフトがプロジェクトのひとつとして、
組み入れているので、実用性が認められつつあるので
今後、発展が期待できる仮想通貨の一つといえます。

シスコイン(Syscoin/SYS)の買い方は?



シスコイン(Syscoin/SYS)は国内の取引所に上場していてないので、
海外の取引所でしか購入することができません。


海外取引所には、Bittrex、Poloniexなどがありますが、
僕のオススメは、格安手数料のBinance(バイナンス)です。
2018年3月28日に、シスコイン(Syscoin/SYS)はバイナンスに上場しました。


Binance(バイナンス)では、
日本円を入金することができないので、
国内取引所の口座に日本円を入金し、ビットコインを購入して、
Binance(バイナンス)へ送金するという手順が必要です。


シスコイン(Syscoin/SYS)を購入するためには、
国内取引所とBinance(バイナンス)
口座の開設が必要となります。


Binance(バイナンス)に登録







最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


では。

error: Content is protected !!