【仮想通貨】ERC20トークンの調べ方と対応ウォレットを解説

こんにちは。優です。

仮想通貨を調べていると、「ERC20」とか「ERC20トークン」
という言葉がたくさん出てきます。


どういう意味なのか、よく分からなかったので、
調べてみました。

ERC20とは?

ERC20とは?

ERC20とは?




ERC20とは、仮想通貨を発行するための規格みたいなもので、
技術的な統一された仕様のことを言います。


このERC20に準拠して仮想通貨を発行する場合と
準拠しないで仮想通貨を発行する場合があります。


新しい仮想通貨は、ICOを行って、資金調達を行います。
投資家は、資金を出資して、新しい仮想通貨を手に入れます。


手に入れた新しい仮想通貨は、
ウォレットと言われる仮想通貨のお財布が必要になります。


このお財布であるウォレットは、仮想通貨ごとに
必要になります。


AとBとCの仮想通貨に出資したならば、
AのウォレットとBのウォレットとCのウォレットを
用意する必要があります。


仮想通貨ごとにそれぞれのウォレットが必要になるので、
管理が面倒になります。


そこで、でてくるのが、「ERC20」という仕様です。
「ERC20」は、イーサリアムのチェーン上で動いています。


「ERC20」に準拠した仮想通貨であれば、
ひとつのウォレットを用意すれば、すべての仮想通貨を
管理することができます。


「ERC20」に準拠した仮想通貨は、ERC20トークンと呼ばれています。


代表的なERC20トークンには、トロン(TRX)やオーガー(Augur)、
オミセゴー(OmiseGo)などがあります。


ERC20と同じようなものに、mosaicというものがあります。
どちらもトークンですが、
ERC20は、イーサリアムのチェーン上で動いていて、
mosaicは、NUMのチェーン上で動いているという違いがあります。

ERC20トークンの調べ方



気になる仮想通貨が「ERC20トークン」であるかどうかは、
イーサスキャン(Etherscan)で調べることができます。


イーサスキャン(Etherscan)

イーサスキャン(Etherscan)




イーサスキャン(Etherscan)では、一覧形式で
「ERC20トークン」を確認することができます。


「ERC20トークン」は、かなり数があるので、気になるコインをチェックする場合は、
赤枠部分に銘柄を入力すると、候補が表示されます。


イーサスキャン(Etherscan)での調べ方

イーサスキャン(Etherscan)での調べ方




候補をクリックすると、詳細情報と送金履歴が表示されます。


イーサスキャン(Etherscan)での調べ方2

イーサスキャン(Etherscan)での調べ方2




これで、「ERC20トークン」であることが
確認できますね。

ERC20トークンを保有する対応ウォレットは?



ERC20トークンを保管できるイーサリアムウォレットは、
いろいろあります。


代表的なものには、

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)
メタマスク(Metamask)

があります。

ERC20のまとめ



ERC20とは、技術的な統一された仕様で、仮想通貨がERC20に準拠していれば、
異なる仮想通貨をひとつのウォレットで管理することができます。


気になる仮想通貨がERC20トークンであるかどうかは、
イーサスキャン(Etherscan)で調べることができます。


ウォレットで代表的なものには、
マイイーサウォレットやメタマスクなどが
あります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!