【仮想通貨】ウォルトンコイン(WTC)とは?特徴と将来性、買い方について

こんにちは。優です。

注目されている仮想通貨のウォルトンコイン(WTC)について、
気になったので、特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


ウォルトンコイン(WTC)は世界最大の仮想通貨取引所である
バイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のウォルトンコイン(WTC)の特徴は

仮想通貨のウォルトンコイン(WTC)の特徴は

仮想通貨のウォルトンコイン(WTC)の特徴は




ウォルトンコイン(WTC)は、ブロックチェーンとRFIDを組み合わせて
開発されています。


RFID技術とは、簡単に言うと、
乗車カードや電子マネー、社員証などの近距離の
無線通信によって情報をやりとりする技術のことを指します。
現在では、当たり前になった技術だと言えます。


ウォルトンコインでは、
ブロックチェーンとRFIDだけでなく、
将来的には、IoTの統合も計画されているようです。


IoTとは、Internet of Thingsの略で、
あらゆるモノがインターネットを通じて、
制御する仕組みのことを言います。
スマート家電と言われるスマホで家電を
操作するのもその仕組みのひとつです。


ウォルトンコイン(WTC)は、
2016年11月に公開され、発行上限枚数は、1億枚です。


ウォルトンコイン(WTC)の公式サイト




ウォルトンコイン(WTC)ががどんなコインかについて説明します。


ウォルトンコインのウォルトンは、
Charlie Walton(チャーリー・ワルトン)という人物からきています。
Charlie Walton(チャーリー・ワルトン)は、RFID技術を発明しており、
2011年11月30日に亡くなりました。


亡くなった5年後の2016年11月30日にワルトン氏に敬意を示し、
WTCのプロジェクトが始まりました。


ウォルトンコイン(WTC)は、ブロックチェーンとRFID技術を
組み合わせたものです。
RFID技術は、
Suicaなどの乗車カードや電子マネーの技術のことを
指します。


ウォルトンコイン(WTC)で使われる独自のブロックチェーン
Walton Chainのメリットは、
追跡ができることや偽造防止できると、
労働コストを削減できることが挙げられます。


アパレル業界であれば、
生産、倉庫管理、物流、店舗があり、
必要な情報をブロックチェーンで共有するチェーンシステムを作り、
すべてのデータを安全に共有されます。



ウォルトンコイン(WTC)のチャート

ウォルトンコイン(WTC)のチャート

ウォルトンコイン(WTC)のチャート




2018年4月6日現在で、1WTC=8.2308USDです。
最初は、1WTC=6.56USDでしたが、2017年に高騰し、
2018年1月に41.15USDまで上がりました。
その後は、価格が落ちて、現在は、8.2308USDです。

ウォルトンコイン(WTC)の将来性について



現在は、相場が下落していますが、
ウォルトンコイン(WTC)の将来性について考えてみたいと思います。


ウォルトンコイン(WTC)は、
RFID技術とブロックチェーンを組み合わせて、
RFID技術がさらに便利になります。


ウォルトンを小売り、物流に実装されることによって、
情報をあらゆる工程で、保持することができるので、
労働コストが削減されます。

ウォルトンコイン(WTC)の買い方とオススメの取引所

ウォルトンコイン(WTC)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でウォルトンコイン(WTC)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!