【仮想通貨】アイオータ(IOTA)とは?特徴と将来性、買い方について

こんにちは。優です。

仮想通貨のアイオータ(IOTA)について、
気になったので、特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


アイオータ(IOTA)は日本円で買うことができません。
海外取引所でバイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のアイオータ(IOTA)の特徴は

仮想通貨のアイオータ(IOTA)の特徴は

仮想通貨のアイオータ(IOTA)の特徴は



仮想通貨のアイオータ(IOTA)は、
IoTデバイス間の決済に最適化された仮想通貨です。
IoTとは、身の回りのモノをインターネットに接続するという構想で
車や家電製品などもインターネットに接続して、情報の管理を
効率化します。


Iotに仮想通貨を実装すると、リアルタイムの支払いに
手数料がたかくなってしまうというデメリットがあります。
仮想通貨は、支払いがあると、分散型の承認システムであるため、
手数料が発生します。リアルタイムに頻繁に支払いが発生すると、
それだけ、手数料が高くなってしまいます。


Iotに仮想通貨を実装すると、手数料が高くなるという
デメリットがあるわけですが、
この問題を解決するのが、アイオータ(IOTA)のTangleです。
Tangleは、仮想通貨と同じように分散型システムを採用していますが、
取引の承認は、取引するもの同士でいいので、
承認作業に手間がかからず、リアルタイムの支払いを可能にしました。
また、手数料の無料化も実現しました。


アイオータ(IOTA)は、
2016年7月に公開し、発行上限枚数は、2800兆枚です。
とんでもない枚数になっています。


アイオータ(IOTA)の公式サイト




アイオータ(IOTA)がどんなコインかについて説明します。


アイオータ(IOTA)は、
非常に注目されているコインですが、
注目されている理由は、IoTに特化した通貨であるということです。


アイオータ(IOTA)は、先ほど、お伝えした通り、
ブロックチェーンとは異なる分散型ネットワークである
Tangleという技術が使われており、注目を集めています。


ブロックチェーンが使われている仮想通貨は、
取引が増えると、取引速度が遅くなるという問題点がありました。
Tangleは、取引が増えても、取引速度が遅くなることはなく、
取引手数料も無料になります。


Tangleのメリットは、取引速度が速く遅延が起きにくいことや、
取引手数料が無料であることや、安全性が高いことが
あげられます。


Iotでは、頻繁にインターネットを介して、データの送受信を行うので、
Tangleのように取引手数料が無料ということが必須になってきます。

アイオータ(IOTA)のチャート

アイオータ(IOTA)のチャート

アイオータ(IOTA)のチャート




2018年4月10日現在で、1IOTA=0.9918USDです。
当初は、1IOTA=0.526USDでしたが、
2017年12月に相場が上昇し、5.25USDまで上がりましたが
その後、緩やかに下落し、現在は、0.9918USDです。

アイオータ(IOTA)の将来性について



アイオータ(IOTA)の将来性について考えてみたいと思います。


アイオータ(IOTA)は、
Iotに特化した仮想通貨で、
将来性が非常にあると感じます。


IOTAと企業が提携して、価格が上昇しましたが、
今後は、あらゆるニュースで価格が上昇することが
期待できます。


IoT製品は、これからどんどん出てくるでしょうし、
さまざまなIoT製品にIOTAが使われて
普及されていくと考えられます。


IOTAは、マイクロソフト、FUJITSUなど大手企業と提携しており、
今後は、具体的な実用化のに向けてのニュースリリースなどがあれば、
IOTAの価格が高騰することもあるでしょう。


IOTAは、期待できるアルトコインのひとつだと言えます。

アイオータ(IOTA)の買い方とオススメの取引所

アイオータ(IOTA)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でアイオータ(IOTA)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!