【仮想通貨】OmiseGo(OMG)の価格は上がる?買い方、特徴と将来性について

こんにちは。優です。

仮想通貨のオミセゴーOmiseGo(OMG)について、
どんなコインなのか気になったので、
特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


オミセゴーOmiseGo(OMG)は日本円で買うことができません。
海外取引所のバイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のオミセゴーOmiseGo(OMG)の特徴は

仮想通貨のオミセゴーOmiseGo(OMG)の特徴は

仮想通貨のオミセゴーOmiseGo(OMG)の特徴は



仮想通貨のオミセゴーOmiseGo(OMG)は、
東南アジアのオンライン決済システムであるOmiseで
使用される仮想通貨です。


Omiseは、企業で、日本人起業家の長谷川潤氏が
2013年に立ち上げ、オンライン決済システムが提供されています。


この決済システムは、
クレジットカードや銀行口座がなくても、
スマホなどのモバイル同士で、簡単に送金ができ、
お店で、OmiseGoを通貨として、支払うことができます。


東南アジアのタイでは、
3分の2のモバイル会社がOmiseのサービスを使い、
普及されており、タイだけでなく、
日本や東南アジアにも拡大しています。


OmiseGoは、
スマホなどのモバイル同士で送金や決済できるアプリケーションで
利用される仮想通貨です。


金融機関とOmiseGoの決済システムではどういう部分が違うのかというと、
金融機関は、金融機関ごとにシステムがあり、
送金するのに、手数料を多くとられたり、送金に時間がかかったりします。
これが金融機関の決済システムのデメリットなんですが、
OmiseGoでは、それらのデメリットを解決するために、
新しいネットワークを開発しました。


OmiseGoのネットワークでは、金融機関をまたいで、さらに国をもまたいで、
リアルタイムに決済することができます。


つまり、銀行口座をもっていなくても、クレジットカードを持っていなくても、
Omisegoのネットワークを利用したスマホのアプリケーションがあれば、
簡単に送金や決済をすることができます。


オミセゴーOmiseGo(OMG)は、
2017年6月に公開し、発行上限枚数は、140,245,398枚です。


オミセゴーOmiseGo(OMGの公式サイト




オミセゴーOmiseGo(OMG)がどんなコインかについて説明します。


オミセゴーOmiseGo(OMG)は、
タイで普及されているわけですが、、
なぜ、タイで普及されているのか?


その理由は、クレジットカードを持てない人や
銀行口座を持てない人が多いからなんです。
日本を基準に考えると、銀行口座が持てないというのが
想像がつきにくいですが、実は、タイでは、
銀行口座を開設するのにお金がかかります。


なので、銀行口座を持っていない人がいるわけです。
銀行口座もクレジットカードもなければ、
決済に困るので、そこで考えられた決済システムが、
「Omise」です。


銀行口座やクレジットカードがないですが、
スマートフォンを持っている人は多いようです。
そのため、OmiseGoが普及しました。

オミセゴーOmiseGo(OMG)のチャート

オミセゴーOmiseGo(OMG)のチャート

オミセゴーOmiseGo(OMG)のチャート




2018年4月11日現在で、1MCO=9.3819USDです。
当初は、1OMG=0.3861USDでしたが、
2018年1月に相場が上昇し、25.62USDまで上がりましたが
その後、急激に下落し、現在は、9.3819USDです。

オミセゴーOmiseGo(OMG)の将来性について



オミセゴーOmiseGo(OMG)の将来性について考えてみたいと思います。


オミセゴーOmiseGo(OMG)は、
タイで普及しているオンライン決済システムですが、
今後は、タイ以外にも普及していくのでは、
と考えられます。


日本では、クレジットカードや銀行口座など
決済システムで不便と感じることがそこまでないため、
普及に壁がありますが、
決済システムが不便だと感じる国では
OmiseGoが普及するハードルは低いと思います。


また、OmiseGoは、SBIホールディングスや
三井住友ファイナンシャルグループなどの大手企業が
出資をしており、注目を集めています。
最近では、韓国最大のクレジットカード会社である
「ShinhanCard」とも提携をしており、
アジアの決済システムを変える可能性を秘めています。

オミセゴーOmiseGo(OMG)の買い方とオススメの取引所

オミセゴーOmiseGo(OMG)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でオミセゴーOmiseGo(OMG)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!