【仮想通貨】イーサパーティ(FUEL)とは?買い方、特徴と将来性について

こんにちは。優です。

仮想通貨のイーサパーティ(FUEL)について、
どんなコインなのか気になったので、
特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


イーサパーティ(FUEL)は日本円で買うことができません。
海外取引所のバイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のイーサパーティ(FUEL)の特徴は

仮想通貨のイーサパーティ(FUEL)の特徴は

仮想通貨のイーサパーティ(FUEL)の特徴は




仮想通貨のイーサパーティ(FUEL)は、
プログラミング技術なしで
スマートコントラクトを簡単に作成するのを
目的としています。


イーサパーティ(FUEL)は、
2017年10月に公開され、発行上限枚数は、10億枚です。


イーサパーティ(FUEL)の公式サイト




イーサパーティ(FUEL)がどんなコインかについて説明します。


イーサパーティ(FUEL)は、
スマートコントラクトを簡単に作成することを
目的としています。


そもそも、スマートコントラクトとは何か?


コントラクトは、日本語でいうと、「契約」ですが、
スマートコントラクトとは、契約をスマートに行うことです。
スマートというのが、どういうことを意味するかというと、
人の手を借りずに契約行為を行うことです。
スマートコントラクトは、事前に契約条件を定義して、
自動で契約を行うことをいいますが、
これには、まだまだ課題があります。


スマートコントラクトを実装するのには、まだまだ難しいようです。
プログラミング技術が必要であったり、
スマートコントラクト自体にたくさんの機能があり、
ツールなどもまだ不足しているような状態です。


また、スマートコントラクト自体にバグがあったりすれば、
リカバリーするのが非常に困難です。
なので、スマートコントラクトを実装するのは、
結構、難易度が高いと言えます。


スマートコントラクトを作成するのに、
難易度が高いわけですが、
イーサパーティ(FUEL)では、
イーサパーティを利用すれば、
システムを構築することなく、
スマートコントラクトを作成することができ、
そのためのAPIも用意されているようです。


APIとは、アプリケーションプログラミングインターフェースの略で、
アプリケーションにアクセスするための橋渡しする
モジュールのようなものです。


APIが用意されるということは、
ルールさえ分かれば、簡単にアプリケーションに
アクセスできることになり、
使い勝手が非常にいいと言えます。

イーサパーティ(FUEL)のチャート



2018年4月16日現在で、1FUEL=0.0692USDです。
当初は、1FUEL=0.03787USDでしたが、
2018年1月に相場が上昇し、0.4524USDまで上がりましたが
その後、急激に下落し、現在は、0.0692USDです。

イーサパーティ(FUEL)の将来性について



イーサパーティ(FUEL)の将来性について考えてみたいと思います。


イーサパーティ(FUEL)は、
どの端末からでもアクセスでき、
システムを構築することなく、
簡単にスマートコントラクトを作成することができます。


さまざまな分野でスマートコントラクトのライブラリを
用意し、あらゆるタイプの契約に対応していくようです。


ブロックチェーンと同じように
スマートコントラクトも注目されている分野だと
言えます。


今後、イーサパーティ(FUEL)で、
どのようなシステムがリリースされていくのか、
気になるところです。

イーサパーティ(FUEL)の買い方とオススメの取引所

イーサパーティ(FUEL)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でイーサパーティ(FUEL)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!