【仮想通貨】IOSトークン(IOST)とは?買い方、特徴と将来性について

こんにちは。優です。

仮想通貨のIOSトークン(IOST)について、
どんなコインなのか気になったので、
特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


IOSトークン(IOST)は日本円で買うことができません。
海外取引所のバイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のIOSトークン(IOST)の特徴は

仮想通貨のIOSトークン(IOST)の特徴は

仮想通貨のIOSトークン(IOST)の特徴は




仮想通貨のIOSトークン(IOST)は、
ブロックチェーンを利用した
オンラインサービス向けのプラットフォームになります。


IOSトークン(IOST)は、
2018年1月に公開され、発行上限枚数は、210億枚です。


IOSトークン(IOST)の公式サイト




IOSトークン(IOST)がどんなコインかについて説明します。


ブロックチェーンを利用した
オンラインサービス向けのプラットフォームというと、
いまいち、ピンとこない方も多いと思います。


オンラインサービス向けのプラットフォームと言えば、
FaceBookやAmazonなどのオンラインサービスのことをいいます。
これらのオンラインサービスは、中央集権型となりますが、
中央集権型のデメリットと言えば、
ハッキングのリスクがあったり、手数料が高かったりします。
IOSは、ブロックチェーンを利用しているので、
分散型となります。


ブロックチェーンを利用したオンラインサービスを利用すると、
通常、表示されるのに、非常に時間がかかり、
現実的ではありません。
しかし、IOSのプラットフォームを使うと、
快適に表示されるようです。


IOSトークン(IOST)のチャート

IOSトークン(IOST)のチャート

IOSトークン(IOST)のチャート




2018年4月17日現在で、1IOST=0.0358USDです。
当初は、1IOST=0.03846USDでしたが、
2018年1月下旬に海外取引所のBinanceへ上場とともに、
相場が上昇し、0.1298USDまで上がりましたが
その後、急激に下落し、現在は、0.0358USDです。

IOSトークン(IOST)の将来性について



IOSトークン(IOST)の将来性について考えてみたいと思います。


IOSトークン(IOST)のロードマップを見ると、
2019年まで書かれており、
2019年夏ぐらいに正式にリリースとなるようです。


IOSトークン(IOST)は、オンラインサービス向けの
ブロックチェーンのインフラですが、
イーサリアムなどの問題点である処理能力を
解消しようとしています。


安全性が高く、大量のトランザクションが
処理できるのがIOSの強みですが、
どのようなものが実装するのかまだ分かりません。


これからのプロジェクトの動きによっては、
大きく上がる可能性もあるのかなーと
感じています。

IOSトークン(IOST)の買い方とオススメの取引所

IOSトークン(IOST)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でIOSトークン(IOST)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!