【仮想通貨】POA(POAネットワーク)とは?買い方、特徴と将来性について

こんにちは。優です。

仮想通貨のPOA(POAネットワーク)について、
どんなコインなのか気になったので、
特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


POA(POAネットワーク)は日本円で買うことができません。
国内取引所で日本円で入金し、ビットコインやイーサリアムを送金し、
海外取引所のバイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のPOA(POAネットワーク)の特徴は

仮想通貨のPOA(POAネットワーク)の特徴は

仮想通貨のPOA(POAネットワーク)の特徴は




仮想通貨のPOA(POAネットワーク)は、
イーサリアムをベースに作られており、
スマートコントラクトとDAppsの仕組みを持つ
プラットフォームを提供します。


POAネットワークは、
POA(Proof of Authority)という仕組みによって、
成り立っています。


POA(POAネットワーク)は、
2018年2月に公開され、発行上限枚数は、2.5億枚です。



POA(POAネットワーク)の公式サイト




POA(POAネットワーク)がどんなコインかについて説明します。


POA(POAネットワーク)は、イーサリアムと
同じような機能を持っていますが、
イーサリアムとの違いは、取引の承認方法にあります。
イーサリアムなどのブロックチェーンの承認方法は、
難しい計算を1番早く解いた人が承認を行います。
選ばれた人ではなく、誰でも承認することができます。
しかし、POA(POAネットワーク)では、
承認者が決められており、身元も証明されています。


この承認者は、バリデーターと呼ばれ、
バリデーターの名前や住所などは、インターネット上に
公開されています。


承認者は、交互に承認を行い、計算などを解く必要が
ありません。


取引の承認を行うのに、難しい計算を解く必要がないので、
承認作業のコストが低く、速いスピードで行うことができます。
また、承認者の身元が特定されているため、
安全性も高いと言えます。

POA(POAネットワーク)のチャート

POA(POAネットワーク)のチャート

POA(POAネットワーク)のチャート




2018年4月19日現在で、1POA=0.5845USDです。
当初は、1POA=0.0724USDでしたが、
2018年3月にBinanceに上場し、相場が上昇しました。
0.708USDまで上がりましたが
その後、急激に下落し、現在は、0.5845USDです。

POA(POAネットワーク)の将来性について



POA(POAネットワーク)の将来性について考えてみたいと思います。


POA(POAネットワーク)は、
DAppsのプラットフォームで、アプリが稼働することによって、
価値を発揮していきます。


これからPOA(POAネットワーク)のDAppsが
どんどん増えていくと思われるので、注目したいと思います。


既にPOA(POAネットワーク)は、バイナンス(Binance)
上場しており、投資家の期待を集めている仮想通貨だと
言えるでしょう。

POA(POAネットワーク)の買い方とオススメの取引所

POA(POAネットワーク)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でPOA(POAネットワーク)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!