【仮想通貨】スチーム(STEEM)とは?買い方、チャート、特徴と将来性について

こんにちは。優です。

仮想通貨のスチーム(STEEM)について、
どんなコインなのか気になったので、
チャート、特徴と将来性、買い方について、調べてみました。


スチーム(STEEM)は日本円で買うことができません。
国内取引所で日本円で入金し、ビットコインやイーサリアムを送金し、
海外取引所のバイナンス(Binance)で買うことができます。




仮想通貨のスチーム(STEEM)の特徴は

仮想通貨のスチーム(STEEM)の特徴は

仮想通貨のスチーム(STEEM)の特徴は




仮想通貨のスチーム(STEEM)は、
ユーザーが報酬をもらえるソーシャルメディアの
プラットフォームです。


スチーム(STEEM)のサイトである
[Steemit.com]では、独自の仮想通貨が使用されています。


FaceBookなどのソーシャルメディアでは、
投稿された記事に対して、報酬が支払われる
ということはありませんでした。
スチーム(STEEM)のサイトである
[Steemit.com]では、投稿者や読者に報酬を支払うという
システムを持っています。


スチーム(STEEM)は、2016年4月に公開されました。
発行上限枚数は、不明です。


スチーム(STEEM)の公式サイト




スチーム(STEEM)がどんなコインかについて説明します。


スチーム(STEEM)は、
報酬が発生するソーシャルメディアの
プラットフォームです。


スチーム(STEEM)のサイトである
[Steemit.com]では3種類の仮想通貨が使用されています。
報酬は、Steem Power(SP)という仮想通貨と
Steem Dollar(SMD)という仮想通貨を
それぞれ50%ずつの割合で支払われます。


Steem Power(SP)やSteem Dollar(SMD)は
現金化できず、現金化するためには、
スチーム(STEEM)が必要となります。
スチーム(STEEM)で報酬をもらうためには、
記事を投稿したり、コメントをする必要があり、
その内容に価値がある他のユーザーに評価される必要があります。
評価されれば、票が入り、報酬がもらえるという仕組みです。


この仕組みによって、
記事の質が高くなり、コメントの質も高くなって、
ユーザーの利益になるのが特徴です。


また、ゲームのコミュニティなどにエンジンコイン(ENJ)を
導入することができ、あらゆることで、収益化を
図ることができます。

スチーム(STEEM)のチャート

スチーム(STEEM)のチャート

スチーム(STEEM)のチャート




2018年5月2日現在で、1STEEM=3.9170USDです。
2017年前半は、0.15USD前後を推移していましたが、
2017年6月に入り、相場が急上昇し、2.66USDまで高騰しました。


その後、相場は落ち着くも、
2017年12月から2018年1月にかけて急上昇し、
一時は、8.19USDまで上昇しました。
その後、相場は下落し、現在は、3.9170USDとなっております。

スチーム(STEEM)の将来性について



スチーム(STEEM)の将来性について考えてみたいと思います。


スチーム(STEEM)は、
報酬がもらえるソーシャルメディアの
プラットフォームです。


スチーム(STEEM)は、時価総額ランキングで30位前後を
キープしており、人気の仮想通貨だと言えます。
ブロックチェーン技術を利用しているので、
データ改ざんされることもなく、
信頼性の高いプラットフォームだと言えるでしょう。


年間100%ずつ発行量が増えているので、発行量がふえていったときに、
価値が維持できるかがポイントとなります。

スチーム(STEEM)の買い方とオススメの取引所

スチーム(STEEM)は、どこの取引所で買えばいいかというと、
オススメは、手数料が安くてお得なバイナンス(Binance)
オススメいたします。


バイナンス(Binance)は、
海外取引所で日本円を直接入金することができないので、
以下の手順を踏む必要があります。

(1)国内取引所「Zaif(ザイフ)」でビットコインかイーサリアムを購入
(2)国内取引所「Zaif(ザイフ)」からバイナンス(Binance)へ送金
(3)バイナンス(Binance)でスチーム(STEEM)を購入



国内取引所には、いろいろ取引所がありますが、
取引手数料の安いZaif(ザイフ)がオススメです。


Zaif(ザイフ)の公式ホームページ


Binance(バイナンス)の公式ページ




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!