【2018年版】iPhoneでbitFlyer(ビットフライヤー)に登録、口座開設する方法

こんにちは。優です。


ビットコインなどの仮想通貨の取引を行うためには、
取引所の開設が必要です。
取引所の口座は無料で作成することができます。


この記事では、iPhoneを使って、
国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)の口座の作り方
iPhoneの画面を使って、説明していきます。

iPhoneでbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作成する方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページにアクセスをします。


bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページ




この記事では、iPhoneのみで、bitFlyer(ビットフライヤー)を利用したい人のために、
iPhoneなどのスマホだけで登録を完結する手順について説明していきます。


上記のbitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページ
アクセスすると、このような画面が表示されます。





赤枠部分の「App Storeからダウンロード」を選択し、
App StoreからbitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを
ダウンロードします。





アプリのインストール画面で、赤枠部分の
「入手」を選択します。


アプリを入手してインストールすると、
bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの画面が表示されます。
左下に[アカウント作成]ボタンがあるので選択します。





[アカウント作成]ボタンを選択すると、
メールアドレスが入力する画面になります。





この画面でbitFlyer(ビットフライヤー)にメールアドレスを登録します。
また、4つの項目について、同意を行います。


・ご利用規約とプライバシーポリシー
・仮想通貨取引におけるリスクの理解
・米国の居住者ではないこと
・取引時交付書面を読んで理解






全て終われば、右上にある[アカウント作成]を選択します。





メールを送付しましたがという画面が表示され、
登録されたメールアドレスにbitFlyer(ビットフライヤー)から
bitFlyerアカウント登録確認メールが届きます。





(1)のURLリンクを選択すれば、アカウント作成が完了します。
(2)は、bitFlyer(ビットフライヤー)にログイン時の
メールアドレスで、(3)は、初回ログイン時のパスワードなので、
忘れずメモをしておきましょう。

パスワードの変更



まず、初回パスワードを変更していきます。


bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリから
さきほどのメールアドレスと初回ログイン時のパスワードで
ログインしてみましょう。





メールアドレスとパスワードを入力し、
[ログイン]ボタンを選択しましょう。





ログインすると、左上に1という数字があるので、
そこを選択します。





マイアカウントの画面になり、
登録内容、アカウント履歴、設定と表示されています。
この中から[設定]を選択します。





設定画面になり、
この中から、[パスワード設定]を選択します。





パスワードの設定変更画面になります。
(1)に現在の初回パスワードの入力します。
(2)、(3)に変更したいパスワードを入力します。


パスワードはセキュリティ上、ルールがあります。

・パスワードは9文字以上30文字以下であること
・アルファベット小文字、アルファベット大文字、数字、記号のうち
 最低2種類を使用すること


これらのルールに基づいて、推測しにくいパスワードに
する必要があります。


パスワードの入力が終われば、右上にある[更新する]を選択します。


これで、パスワードの変更が完了となります。
次は個人情報の登録です。

個人の基本情報登録



アプリのもとの画面に戻って、左の上のメールアドレスが
書かれている部分を選択します。





選択すると、マイアカウント画面になるので、
この中から、[登録内容]を選択します。





登録内容の画面では、
アカウントクラスやアカウントIDを確認するができます。
また、未入力や未提出の項目があれば、
この登録内容の画面で確認することができます。





上から順番に登録を行っていきます。
まず、ご本人情報のご登録を選択します。
選択すると、ご本人情報登録画面になります。






このご本人情報登録画面では、
以下の登録情報を入力していきます。

・氏名(姓)
・氏名(名)
・性別
・生年月日
・国
・郵便番号
・都道府県
・市区町村
・番地
・マンション名・部屋番号
・固定電話番号
・携帯電話番号


すべての入力が終われば、[保存]を選択します。
これでご本人情報の登録が完了です。

本人確認資料の提出



もとの画面に戻り、次は、
[ご本人確認資料のご提出]を選択します。





bitFlyer(ビットフライヤー)には、
「ウォレットクラス」「トレードクラス」があります。


仮想通貨の売買は、2017年4月に施行された仮想通貨法で本人確認をしないと
売買できないように定められています。
「ウォレットクラス」では、仮想通貨の売買をすることができません。


「トレードクラス」になるためには、
本人情報の登録の他、本人確認資料の提出、取引目的等の確認、
ハガキの受取、銀行口座情報の登録が必要です。


ここでは、本人確認資料の提出を行います。


ご本人確認資料は、以下のものから1点を
選択となっています。


・運転免許証
・パスポート(日本国が発行する旅券)
・個人番号カード
・住民基本台帳カード(顔写真あり)
・各種健康保険証
・各種年金手帳(平成8年以前に発行のもの)
・各種福祉手帳
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・在留カード
・特別永住権証明書
・外国公的書類(海外外国人用)



スマホのカメラで撮影して、
身分証明書の提出を行いましょう。、

取引時確認事項の入力



もとの画面に戻り、次は、
[お客様の取引目的等のご確認]を選択します。








取引時確認事項では、以下の項目を入力します。

・外国の重要な公人
・職業
・取引を行う目的


外国の重要な公人でなければ、
他の項目は何を入力しても制限があるわけではありません。


すべて入力が終われば、[保存]を選択します。

Facebook連携と携帯電話認証について



もとの画面に戻ると、次は、
Facebook連携、携帯電話認証というのがあります。





Facebook連携と携帯電話認証は、必須でないので、
登録しなくても問題ありません。

銀行口座の登録



次は、
[銀行口座情報登録]を選択します。





銀行口座情報は、日本円をbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントに
入出金するために必要となります。


銀行名、支店名、口座番号を入力していきましょう。

IDセルフィ―



次は、IDセルフィー写真の提出です。


IDセルフィー写真は、クレジットカードでの仮想通貨の購入を行うために
必要となります。


IDセルフィー写真の登録は、必須ではありませんが、
クレジットカードで仮想通貨が必要な場合は、登録をしておきましょう。



ハガキの受け取り



ここまで終われば、
bitFlyer(ビットフライヤー)から
簡易書留でハガキが郵送されてきます。


Bitflyerからの簡易書留のハガキ

Bitflyerからの簡易書留のハガキ




ハガキを受け取れば、手続きが完了となり、
アカウントが「ウォレットクラス」から「トレードクラス」となります。


これでbitFlyer(ビットフライヤー)
口座開設の手続きは完了となります。


仮想通貨を買うためには、入金する必要があります。


入金方法については、別の記事で
お伝えしたいと思います。


bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページ




では。

error: Content is protected !!