【2018年版】仮想通貨を今から購入しても遅くない?その理由と今後について

こんにちは。優です。

仮想通貨の市場が2017年に比べて、
あまり盛り上がりませんが、よく聞かれるのが、
「仮想通貨は今から購入しても遅いんじゃないの?」
ということ。


2017年から2018年にかけて、
仮想通貨は、大きく値上がりをしましたが、
コインチェックのNEM流出事件以降、
仮想通貨がニュースになることが少なくなりました。


2018年の今から仮想通貨を購入しても遅いのでしょうか?
結論からいうと、そんなことはありません。
今からでも大きく利益を出すことができます。
その理由について、お伝えしたいと思います。

仮想通貨は今からでも遅くない?その理由は?




仮想通貨が今後、大きく値上げりする可能性はあるのでしょうか?
答えは、誰でも分かりません。


誰にも予測することができません。


ビットコインは、2010年5月時点で、1万円分を購入していると、
2018年1月には、その1万円が932万円になりました。
7年ちょっとの間で、932倍まで価値が上がりました。


同じようなことが、今後起きるかというと、
もう既にある程度、ビットコインの価値が上がっているので、
ここまでの値上がりは難しいと言えます。


ただ、既にビットコインの価値が上がり、価値が認められているので、
極端に暴落するというのも考えにくいです。


今からビットコインを購入すれば、
リターンは低いものの、リスクも低いと言えます。


では、ビットコインが932倍まで上がったようなことが
仮想通貨で今後、一切起きないと言われれば、そんなこともありません。


ビットコイン以外の仮想通貨で、まだ、価値が上がっていないコインを探せば、
チャンスはあるでしょう。


仮想通貨投資を2018年から始めても遅くないという理由は、
ビットコインに使われているブロックチェーン技術に将来性があり、
今後も価値が上がり続ける可能性が高いからです。
ビットコインの投資では、今までのように大きく上がる可能性は低いですが、
ある程度は、上がる可能性があるでしょう。


もし、仮想通貨で大きくリターンを求めるなら、
まだ、価値が大きく上がっていない草コインといわれるコインに
投資してみるといいでしょう。
ただし、価値が上がっていないので、
どのコインが今後、高騰していくのかは誰も分かりません。


ビットコイン以外で有名な仮想通貨には、
イーサリアムやリップルなどがあります。


イーサリアムは、ビットコインの次にシェアがあり、
日本国内の店舗でも決済できるように導入が始まりました。
今後も価値を維持できるコインだと思われます。

 イーサリアムは、
国内取引所であるZaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)
購入することができます。


次にリップル。
リップルは、Googleが出資している仮想通貨で、
国際送金を目的としています。
送金が早く、手数料の安くできるのが、リップルです。
リップルは、
国内取引所であるbitbank(ビットバンク)
購入することができます。


仮想通貨は、取引所によって、取り扱いコインが異なります。
そのコインがどこで取り扱っているか調べる必要があります。


ビットコインであれば、ほとんどの取引所で取り扱いがありますが、
ビットコイン以外のコインになると、
取り扱いのない取引所もあるので、注意が必要です。


国内取引所は、取り扱いしているコインの数が多くありません。
いろんなコインを購入するのであれば、Binance(バイナンス)などの
海外取引所を使っていくといいでしょう。

これから仮想通貨を始めるのに準備するもの



これから仮想通貨を始めるには、
仮想通貨を購入するために、取引所の口座開設が必要です。


国内取引所のオススメは、
Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)です。


口座開設の仕方は、簡単で、10分あれば、開設することができます。
口座開設の手順については、こちらの記事が参考になります。








国内では、限られたコインしか購入することができません。
いろんなコインを購入して、大きなリターンを求める場合は、
取り扱いコインの豊富なBinance(バイナンス)を利用するといいでしょう。


Binance(バイナンス)は国内取引所と違って、
手数料が格安の0.1%で、人気の海外取引所です。
口座開設を記事にまとめたので、見ていただければ、
簡単に口座開設ができます。





まずは、仮想通貨取引所の口座開設をして、
取引を始めましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!