ドンキのマジカカードとファミマTカードが統合!?提携?独自ポイントとは?

9月9日、こんなニュースが入ってきました。

ユニー・ファミリーマートホールディングスと
筆頭株主の伊藤忠商事は
金融とITをメインとした、
フィンテック関連事業の新会社を設立したと
発表しました。

新会社を設立した理由は、
独自のポイントや電子マネーの開発、
クレジットカードなどの関連事業が主な理由。

コンビニエンスストアやスーパーの顧客基盤を活かし、
さらに収益の柱を育てるようです。

1年以内に
買い物客が決済やローンを
一体利用できるアプリの開発や
クレジットサービスの強化を行い、
具体的なサービスの実現を目指す。

このニュースが具体的に
どういったことを指すのか
お伝えいたします。

スポンサードリンク

ニュースからどういう影響があるのか?

ニュースからどういう影響があるのか?

ニュースからどういう影響があるのか?

ユニー・ファミリーマートホールディングスと
伊藤忠商事が新会社を設立するわけですが、
それぞれ、どういった店舗を経営しているのか?

ユニー・ファミリーマートホールディングスは、
傘下にファミリーマートがあります。

ファミリーマートを通じて、
Tポイント・ジャパンに出資し
共通ポイント「Tポイント」を
国内の全コンビニ約1万8千店で導入しています。

ファミマを利用している人は、わかりますが、
いつも店員さんに持っているか聞かれる
「ファミマTポイントカード」ですね。

新会社では、Tポイントとは別に
自前のポイントや
電子マネーの開発を検討しているようです。

ユニー・ファミリーマートホールディングスの
資本・業務提携先であるドンキホーテホールディングスと
ポイントや電子マネーの共通化も検討しているようです。
そして、このポイントや電子マネーの共通化は、
ドンキホーテホールディングス以外の企業にも連携を広げていくようです。

この新会社の目的は、
スマートフォンを活用する電子マネーやポイントを開発することで
流通業の顧客に金融サービスを提供していくとのことです。

今って、多くの人が、
いろんなお店のポイントカードを
財布に入れていると思います。

ポイントカードって財布に入れると、
本当にかさ張るんですよね笑

ポイントカードが共通化されて、
1枚でもポイントカードが減ることは、
ありがたいことですね!

今回、共通化の検討となっている
ファミマTカードと
ドンキのカードでマジカカードについて、
調べてみました。

ドンキホーテのマジカカードとは?

ドンキホーテのマジカカードとは?

ドンキホーテのマジカカードとは?

ドンキホーテは、マジカカードという
ドンキ専用のプリペイドカードがあります。

このマジカカードは、
ドンキホーテの店舗で、100円で
販売されています。

マジカカードは、プリペイドカードなので、
お金をプリペイドカードにチャージして、
レジで決済するという仕組みです。

チャージは、
ドン・キホーテグループ店舗のレジで
行うことができます。

このマジカカードがお得である点は、
3点あります。

1つ目は、
「1円いらず!円満快計」という
制度を摂っている点です。
マジカカードを提示すると、
1,000円以上のお買い上げごとに
1の位を切り捨てられるというものです。

最大で9円、得することになります。

例)3,339円 → 3,330円

お得ですよね!

2つ目は、
マジカカードにお金をチャージすると、
1%のポイントがたまるというものです。
10万円のチャージをすれば、1000ポイント、
つまり、1000円分、得するということです。

3つ目は、マジカカードには、
ランク制度があるということです。

先ほど、1%のポイントがたまると
お伝えしましたが、ご利用が増えると、
マジカカードのランクが上がっていきます。
ランクが上がると、1%のポイント還元が、
2%~5%にアップしていきます。

マジカカードのランク制度は、
こうなっています。

マジカカードのランク制度

マジカカードのランク制度

マジカカードがプラチナランクまでいくと、
10万円のチャージで、5000ポイント、
つまり、5000円分、得するようになります。

マジカカードを利用しない手はないですね!

ファミマTカードとは?

ファミマTカードとは?</

ファミマTカードとは?

スポンサードリンク

今後は、それぞれのカードはどうなるのか?

今後は、それぞれのカードはどうなるのか? 今後は、それぞれのカードはどうなるのか?

新会社設立によって、
ポイントや電子マネーの共通化を検討しているようです。

ファミマTカードとマジカカードが共通化されると
どんなシステムになるのか?

ファミマTカードは、シンプルなポイント制度なので、
統合しやすいですが、ドンキのポイント制度は、
ランク制度もあり、やや複雑です。

ポイントの共通化となると、
ドンキのマジカカードの仕組を残しつつ、
マジカカードのポイントをファミリマートで使えたり、
ファミマTカードのポイントをドンキで
使えたりするかもしれませんね。

既存のシステムを全て据え置きで、
新たに独自ポイント制度が始まるのかもしれません。
これから、どういったポイント制度にするか、
検討していくものだと思います。

ポイントカードって、本当にたくさんの種類があります。
ポイントカードで財布がパンパンになっている人も
多いようです。

できるのであれば、いろんなお店のポイントカードを
全て共通化して、ポイントカードの枚数を
減らしたいですね!

マジカカードは、最近、スマホのアプリで
ポイントが管理できるようになったんで、
スマホで全てのポイントを一元管理できるようになれば、
ポイントカードを紛失したりすることは、
なくなりそうですね。

今後、ファミマTカードとマジカカードが
どうなっていくのか、見守りたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!