リスク(LSK)を最も安く買うには?オススメの取引所とウォレットまとめ

こんにちは。優です。

リスク(LSK)は、
スマートコントラクトが実行できる
分散型アプリのプラットフォームです。
リスク(LSK)と同じようなコインに
イーサリアムなどがあります。


この記事では、リスク(LSK)を最も安く買う取引所と
リスク(LSK)を保管するためのウォレットについて、
お伝えしたいと思います。

リスク(LSK)とは?

リスク(LSK)とは?

リスク(LSK)とは?




リスク(LSK)は、
スマートコントラクトを実行できる
分散型アプリのプラットフォームです。



イーサリアムも
スマートコントラクトを実行できる
分散型アプリのプラットフォームですが、
リスク(LSK)は、サイドチェーンという技術が
利用されており、ブロックチェーンのみの
イーサリアムに比べて、負荷が軽減されます。


また、スマートコントラクトを実装する言語に違いがあり、
イーサリアムは、「Solidity」と使用し、
リスク(LSK)では、「JavaScript」を使用します。


「JavaScript」は、開発者にとって、おなじみの言語なので、
開発者も多く、開発のハードルが低いと言えます。


また、リスク(LSK)の承認方式は、DPoSで、
投票によって決められた代表者が順番に承認者となるようです。
イーサリアムでは、PoWからPosに移行予定であり、
PoWは、計算が早く解けた人が承認者となり、
Posは、コインの保有量が多い人が承認者となります。




リスク(LSK)は、6月5日現在で、
1LSK=979.94円という相場になっています。

リスク(LSK)を最も安く買うオススメの取引所



リスク(LSK)を保有したい場合の
購入方法や買い方について、お伝えしたいと思います。


リスク(LSK)などのアルトコインは、
仮想通貨取引所で買うことができます。


仮想通貨取引所は国内にも海外にもたくさんあるので、
どこでいいのか分からないかもしれません。


この記事では、最も安くリスク(LSK)を買う方法について、
お伝えしたいと思います。


仮想通貨を購入するのに、取引手数料がかかりますが、
リスク(LSK)の取引手数料を抑えて、
安く購入することができるのが、
Binance(バイナンス)です。


Binance(バイナンス)の特徴は、
取引手数料が0.1%で安く、リスク(LSK)を購入することができます。


仮想通貨を購入するには、販売所と取引所があります。





Binance(バイナンス)は、
取引所のみなので、スプレッドがあまりかからず、
コインを購入することができます。


また、Binance(バイナンス)は、
手数料が安いだけでなく、いろんなコインを取り扱っているため、
いろんなコインを保有することができます。


また、リスク(LSK)だけでなく、リップル(XRP)、ネム(XEM)などのアルトコインも
購入できるので、
Binance(バイナンス)の口座を開設しておいて損はありません。


Binance(バイナンス)の口座開設方法は、
こちらの記事が参考になるので、口座開設をしてみてください。




リスク(LSK)を安全に保管するためのオススメウォレットは?



仮想通貨といえば、
2018年1月にコインチェックでコインがハッキングされました。
仮想通貨のNEMが流出し、コインを取引所に預けておくことが
非常に危険だということが分かりました。


最終的には、補填されましたが、取引所によって、対応が変わるので、
今後、同じようなことが起きれば、どうなるか分かりません。
仮想通貨取引所に預けていたコインがなくなるということが
ありえるので、気を付けなければいけません。


取引所にコインを預けていると、
ハッキングされるリスクがあるので、非常に危険です。
取引所にコインを預けておくのではなく、
自分自身でウォレットに保管しておくことを推奨いたします。


オススメは、完全にオフラインで管理できる
「Ledger Nano S(レジャーナノS)」です。


インターネットに接続できるウォレットだと、
インターネット攻撃されるリスクがありますが、
「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は、オフラインで管理できるので、
インターネット攻撃される心配がありません。
リスク(LSK)だけでなく、
いろいろな仮想通貨の保管が可能です。


「Ledger Nano S(レジャーナノS)」のデメリットは、
有料であることぐらいです。


仮想通貨は何が起こってもおかしくありません。
自分の保有している仮想通貨は、
自分で守る必要があります。


「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は、
Amazonで買うこともできますが、実は、Amazonで購入すると非常に危険です。


というのも、転売している方もいるし、公式サイト以外と購入すると、
はじめから悪意のあるソフトウェアに中身が書き換えられていたり、
ウイルスが入っている可能性があるからです。


「Ledger Nano S(レジャーナノS)」を購入するのなら、
安全な公式サイトで買うことをオススメいたします。


Ledger Nano Sを購入する



リスク(LSK)を最も安く買う方法のまとめ



リスク(LSK)を最も安く買うことができる取引所と
ウォレットについてお伝えしました。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。

error: Content is protected !!