iPhone Xの価格は?高い?いつ発売?新機能と7との違いとは?

9月13日、こんなニュースが流れてきました。

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルが12日に開く発表会で発表が期待される次期「iPhone(アイフォーン)」の値段は、約1000ドル(約11万円)になるとうわさされている。
通称「iPhone X」と呼ばれる次期iPhoneは、端末表面のほぼ全面を覆うディスプレー、顔認識、3Dカメラなどの新機能が搭載される見通し。
それでも1台のiPhoneにこれほどの高額を出費する消費者はいるのだろうか。

アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏は言う。「アップルは、一種のステータスのために出費を惜しまない購入者層を育ててきた」「技術通でさえ、最新のiPhoneを見せびらかしたいと思っている」
iPhone Xは3年ぶりにデザインが刷新され、「iPhone 6」とはかなり違った外観になると予想される。
ただ、新しいiPhoneのために多額を出費してくれるファンばかりとは限らない。10年前にアップルが初のiPhoneを発表した当時、599ドルという値段は衝撃的だった。結局アップルは200ドルの値下げを余儀なくされ、購入済の消費者にはクーポンを提供した。

現在のiPhoneの価格は平均で605ドル。容量256ギガバイトの「iPhone 7 Plus」は969ドルになる。つまり、1000ドル前後の出費をいとわない層は既に存在している。
アップルに詳しいアナリストのジーン・マンスター氏は、アップルファンの30~40%は1000ドル以上を支払ってでも新しいiPhoneを購入したいと思うだろうと予測する。
調査会社のコムスコアによれば、ユーザーがスマートフォンに費やす時間は1日4時間以上。つまり、1000ドル前後で買えるノートパソコンなどの機器よりもずっと価値は大きい。「ユーザーは気楽にスマートフォンに多額を費やすようになってきた」とマンスター氏は指摘する。

一方で、市場には400ドルを切る優れたスマートフォンが豊富にある。

シャオミ(小米科技)やワンプラス、モトローラなどの各社は、驚くほど質が高いスマートフォンを魅力的な価格で競って売り出している。アップルもそうした低価格モデルの魅力を認識して、「iPhone SE」を399ドルで売り出した。12日からは、「iPhone 6s」の値段が449ドルに引き下げられる見通しだ。

スーパーハイエンドのiPhone発売は、伝統的な小売り戦略にのっとっており、アップルにとって適切な戦略だと解説するのはアナリストのホレース・ディデュー氏。
消費者製品のメーカーは低価格と中間的な価格、高価格のモデルを用意するのが一般的だが、iPhoneは低価格と中間的な価格のモデルはあっても、大ファンが切望するような華々しいモデルは存在していなかったと指摘する。
アップルの最大のファンであるウォズニアック氏は、「もちろん新しいiPhoneを少なくとも1台は買いたい。でも多分、5台も買おうとは思わない」と話している。

次期iPhone(アイフォン)であるiPhone Xが
発表となるようです。

その値段は、なんと、日本円で11万2800円!!!
携帯電話でついに10万円を超えたかーって
感じですね。

そんなiPhone8について、
お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

iPhone8で搭載される機能とは?

iPhone8で搭載される機能とは?

iPhone8で搭載される機能とは?

iPhone8は、どうしてそんなにも値段が高いのか?
どんな機能が新機能として搭載されているんでしょうか?

ニュースでは、
「端末表面のほぼ全面を覆うディスプレー、顔認識、3Dカメラ」が
新機能とあります。

これらの機能って、必要な人って少ないと思います。

これらの新機能を使ってみたくて、11万円もの金額を
出す人って結構少数派なんじゃないかと思います。

新機能よりAppleのファンとか、iPhoneをこよなく愛す人が
買いそうな気がしています。
といっても、結構、ファンはいそうだし、
携帯の新機種って、ワクワク感があるんですよね。
また、いつものように発売日は、行列ができるんですかね~。

ちなみに、iPhoneの平均価格って、6万円~7万円で、
容量256ギガバイトのiPhone 7 Plusが10万円を超える値段です。

携帯電話が10万円を超えるというのは、
なんともビックリな話ですが、ここまでの金額になると、
タブレットやパソコンを買った方が明らかに安いですよね~。

商品のブランド力や付加価値って、スゴイと思います。

ネットでの反応は?

スゴイ値段だなーと思ったわけですが、
ネットでの反応は
こんな反応でした。

アイホンって最新の機器を持ってないとバカにされるんだろう
アンドロイドの方がいいや

原価いくらよ?5万円以下じゃないといらん。
来年には陳腐化するのに高すぎ

別にギャラクシーでいいよ・・・。
アップルも曲がり角のような気がしてならない。十分世界にiphoneは行き渡ったし

余裕で
買わない

なんせ高い…
分割で買ったとしたって月々結構凄い金額だよね今

やっぱり、値段が高いという意見が、
月々の支払が凄い金額になるとかいう意見でした。

携帯電話って、一括でお支払いすることって
あんまりないですからね。
ほとんどの場合、24カ月払いなので、
10万円といっても、分割支払いだったり、
携帯電話会社が、一定金額負担してくれていたり
するんで、実際、いくらなの
ってことは、あるんですよね。

スポンサードリンク

iPhone8は買う?買わない?

携帯電話は、iPhoneとアンドロイドスマホに大きく
分かれますが、それぞれのシェアって
どれくらいか知ってますか?

世界では、アンドロイドが7割のシェアがあります。
そして、2割がiPhoneで残りがそれ以外。
圧倒的に世界では、アンドロイドのシェアが高いことが
分かります。

日本では、どうでしょうか?

日本のアンドロイドのシェアは、3割なんです。
圧倒的にiPhoneのシェアが高くて、なんと!!
7割なんです。

これは、ずっとこのシェアだったかというと、
そうではなくて、2012年は、半分ぐらいのシェアでした。

それが年々増えていき、現在は、7割ほどが
iphoneだということなんです。

そういえば、待ちゆく人の持っている携帯って
iPhoneの人が圧倒的に多いですよね。

ってことで、日本でもiPhone8が発売されたら、
スゴイ売れていくと思います。

ちなみに私は、アンドロイドなので、
全く関係なしですね!

iPhone Xの発売日と価格

日本では10月27日から予約を受け付け、
11月3日に発売する。

11万2800円(税別)からと発表されました!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!