【前橋O157】ポテトサラダ食べたこども1人死亡/気を付けること

群馬県前橋市の惣菜店「でりしゃす」で
O157が検出された事件で、
ポテトサラダを食べたこどもが1人死亡していたことが
分かりました。

群馬県と埼玉県にある総菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から相次いでO157が検出された問題で、前橋市によりますと、市内にある同じ系列の店舗で購入した総菜を食べた子ども1人が死亡していたことがわかりました。この子どもからもO157が検出されたということで、市の保健所は詳しい経緯を調べています。

先月、群馬県と埼玉県にある総菜店「でりしゃす」の4つの店舗で加工販売されたポテトサラダやコールスローサラダなどを食べた23人が腹痛などを訴え、このうち20人から腸管出血性大腸菌、O157が検出されました。

前橋市の六供店では、これまでにポテトサラダなどを食べた9人からO157が検出されていましたが、前橋市によりますと、この店の総菜を食べた子ども1人が死亡していたことがわかりました。
この子どもからもO157が検出されたということです。

総菜店の運営会社によりますと、12日夜、前橋市の保健所から六供店で新たに2人の感染が判明したと連絡があったということですが、詳しい状況は、現在、確認中だということです。

この問題で、休業を続けていた同じ系列の関東地方にある総菜店など17店舗が、今月7日に全店舗再開したばかりでした。

市の保健所は午後3時から会見を開いて詳しい状況を説明することにしています。

スポンサードリンク

でりしゃすのどの店舗なのか?

でりしゃすのどの店舗なのか?

でりしゃすのどの店舗なのか?

子供が食べた総菜を販売したのは
「でりしゃす六供店」だということです。

【でりしゃす六供店】
371-0804 群馬県前橋市六供町97−1

でりしゃすは、関東で主に関東で営業していて、
栃木、埼玉、群馬各県に店舗があります。
今回の食中毒の検出により、
8月21日に埼玉県熊谷市の「籠原店」が営業停止となり、
24日から全17店舗で営業を自粛していましたが、
9月7日より営業を再開していた。

今回のこどもが死亡したことを受け、
六供店は再び自主休業となりました。

スポンサードリンク

O-157にならないために、気をつけること

O-157にならないために、気をつけること

O-157にならないために、気をつけること

O-157は、大腸菌の一種で、熱に弱い特性があります。
75度で1分間加熱すると、死滅するようです。

O-157は、10歳未満のこどもなど抵抗力の弱い人への
感染が圧倒的です。

感染すれば、3~7日間は、腹痛や下痢の症状が現れます。
最悪の場合、死に至るケースもあります。

夏場は、特に菌が繁殖しやすいため、O-157になる
危険性が非常に高いと言えます。

基本的に、O-157にならないために、気を付けるべきことは、
実施したほうがいいことは、

「手洗い」と「消毒」

です。

O-157の感染経路は、口からなので、手洗いをこまめに
実施すれば、防げる可能性が高いと言えます。

O-157で今回のケースでは、総菜で、ポテトサラダでしたが、
今まで発生したケースは、生肉や生レバー、そして、
生野菜や浅漬けでした。

夏場に生ものを食べる場合、特に抵抗力の弱いこどもが
食べる場合は、気をつけなければいけません。

まとめますと、O-157にならないために
気をつけなければいけないことは、

・手洗いや消毒をこまめに行うこと
・生肉や生野菜を食べる場合、注意すること

となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!