【センター受取】営業所止め?ヤマトの新サービスはアマゾン対策?

ヤマト運輸が新しいサービスを
始めるようです。

そのサービスが
「宅急便センター受け取りサービス」
というサービスです。

名前からすると、
配送センター、いわゆる、営業所止めで
発送して、受取人が配送センターに
取りに行くというサービスのように
感じますが、
一体、どのようにサービスなんでしょうか。

スポンサードリンク

宅急便センター受け取りサービスとは?

宅急便センター受け取りサービスとは?

宅急便センター受け取りサービスとは?

宅急便センター受け取りサービスとは、
発送する際に、発送先として、
全国の約4000カ所ある宅急便センターを配送先に指定し
センターで荷物を受け取れるサービスのようです。

この宅急便センター受け取りサービスを
10月1日よりスタートさせるようです。

宅急便センター受け取りサービスのメリットは?

宅急便センター受け取りサービスのメリットは?

宅急便センター受け取りサービスのメリットは?

このサービスのメリットは、
「なんと、宅急便の運賃(税込)が54円割り引かれる」
ということなんです。

たった54円だけ!?

という気もしないでもないですが・・・。

また、 発送時に「デジタル送り状」を利用すれば、
受取人が「クロネコメンバーズ」の会員である場合は、
荷物の到着時に受取人にメールが届くようです。

そうでない場合は、荷物がセンターに到着次第、
受取人に電話で知らせてもらえるようです。

いずれにせよ、そこまで大きなメリットじゃないのかなー
という気がしますね.

ネット上の反応は?

そんだけ??そんなケチくさい値引きでは何も変わらんの。センターが近所にはないし。

100円ぐらいは引いてくれないとなー

今までも普通にできてたと思うけど?

微妙な割引だな…

こういった意見が出ております。
微妙な割引だと思うし、
何より、今まで営業所止めは、できていたので、
新しいサービスを始めると言われても、
メリットがあまり感じられませんねー。

スポンサードリンク

ヤマト運輸の狙いは?

ヤマト運輸の狙いは?

ヤマト運輸の狙いは?

ヤマト運輸と言えば、
Amazonの荷物量増加により、
配達員への影響が大きくなりました。

アマゾンからの荷物が多すぎて業務圧迫し、
ヤマト運輸、従業員残業代未払いという
問題が発生しました。

そのため、配送時間帯の削減や
配送料の全面値上げということは、
話題にあがりました。

全ての問題は、
「アマゾンからの荷物が増えすぎた」ことから
ということでした。

今回の「宅急便センター受け取りサービス」も
その一環だと思われます。

ヤマト運輸の狙いは、サービスの導入によって、
再配達を抑制することのようです。

しかし、利用者にそこまでメリットがないため、
どうなんだろうという気がしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!