大阪880万人訓練で携帯、スマホが鳴らないのは何故?理由とは?

9月5日、大阪市で「大阪880万人訓練」が
行われました。

平成29年9月5日(火曜日)午前11時に
開始され、急にスマホから警報音が
鳴って、ビックリした人も多いはず。

しかし、携帯を持っているのに、
エリアメールなどの通知音が鳴らなかった人もいたと
思います。

それは、何故なのか?

スポンサードリンク

大阪880万人訓練とは?

大阪880万人訓練とは?

大阪880万人訓練とは?

毎年、「大阪880万人訓練」は、行われます。
今年で6回目となります。

訓練の目的は、

「災害が起こったときに、
様々な情報源から地震・津波発生情報を認識し、
地震・津波発生時に行動ができるようにすること。」

です。

午前11時03分ごろに、

大阪府が携帯電話やスマートフォン等の
エリアメール・緊急速報メールを利用し、
大津波警報発表の情報が発信されました。

そして、

午前11時04分ごろに、

大阪市が携帯電話やスマートフォン等の
エリアメール・緊急速報メールを利用し、
大津波警報発表に伴う避難情報を発信されました。

おそらく多くの人が携帯から2度の
エリアメール(NTTドコモ)・緊急速報メール(au、ソフトバンク)が
届いたと思います。

午前11時03分ごろのメールは、
大阪府内にある携帯電話等に訓練開始の合図として発信する「訓練情報」で、
午前11時04分ごろのメールは、
大阪市内にある携帯電話等に発信する「避難情報」
になります。

大阪880万人訓練では、メール通知音の回避策は?

「訓練情報」や「避難情報」の
メールは、必ず音が鳴るので、
ビックリした人も多いはず。

メールの通知音は、聞きなれない
『津波警報』と『災害・避難情報』の専用着信音です。

『災害・避難情報』を受信した端末は、
マナーモードにしていても強制的に鳴動します。

なので、授業中や会議中、式典中、映画館、図書館など携帯電話等が
鳴ってはいけない場合は設定をオフにするか、
あらかじめ電源を切る必要があります。

とは、言うものの、大阪にいる人は、
みんな音が鳴るから、仕方がない面は、
ありますが・・・。

スポンサードリンク

実は、鳴らない携帯電話もあります。

大阪880万人訓練では、メール通知音の回避策は?</

実は、鳴らない携帯電話もあります

エリアメール・緊急速報メールサービスの『災害・避難情報』に
対応していない携帯電話等では、
「訓練情報」等を受信されません。

受信されないので、音も鳴りません。

具体的には、ドコモの携帯で言うと、
Xi(クロッシー)対応機種やFOMA対応機種以前の
携帯電話であれば、エリアメールが
届かない可能性があります。

2008年10月以前に発売された905iのような機種ですね。

また、このエリアメールが受信されているときに
携帯電話で通話中だった場合、
エリアメールが届かない可能性があります。

・エリアメール対応機種では、ない。
・そのタイミングは、通話中だった

このような場合、「訓練情報」や「避難情報」が
メールで、
届かない可能性があります。

学校とか会社とかで、必ずいますよね。
一人だけ、鳴らなかったーって言っちゃう人・・・笑

でも、趣旨は、災害時に困らないための
訓練ですから、本当に鳴ってないなら、
大きな問題ですね。

本当に届いてない可能性があるかも

今回は、「大阪880万人訓練」で
訓練として、行われましたが、
実際に地震などが来た場合、
メールの通知音でお知らせされなかったら、
災害自体に気づかないかもしれません。

もし、訓練情報が携帯電話に
届かなければ、
携帯ショップに行き、
見てもらったほうがいいかもしれません。

ひょっとしたら、携帯が故障していたり、
何かしらの原因があったりするかもしれません。

そのための「大阪880万人訓練」ですからね!

error: Content is protected !!