【ちゃちゃ入れマンデー】ブルボンお菓子対決!エリーゼ?ルマンド?ホワイトロリータ?

9月26日のちゃちゃ入れマンデーは、
関西人の食のこだわりについて、
徹底討論するようです。

まずは、
お菓子メーカーであるブルボンが
出してるお菓子で1番は、何かを
決める対決です。

次は、「ハンバーグのつけ合わせはコレや!ダービー」
ハンバーグの付け合わせといえば、ポテトと
答える人が多いでしょう。
そのほかでは、コーンやにんじん、ブロッコリーなどなど。
ダービーを優勝したのは、どの付け合わせ?

次は、「カレーライスのルーの位置について」です。
右、左、奥、手前、どこであるべきか?

なんとも、気になったことがないような
こだわりを討論していくようです。

そんなブルボンのお菓子について、
書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

ブルボンの主なお菓子

ブルボンと言えば、
ロングセラーとなっているお菓子が
多数あります。

・ホワイトロリータ
・ルマンド
・エリーゼ
・バームロール
・ルーベラ

今回、番組では、この5種類の中で、
関西ナンバーワンを決めていきます。

どれも子どものときに食べた
なじみがなあるお菓子だと思います。

ホワイトロリータ

ホワイトロリータ

ホワイトロリータ

ホワイトロリータは、何故、
こんないかがわしい名前がついているのか
疑問でした。

こどものときにこのお菓子の名前を
声にするのが苦手だった人も
多いに違いありません。

ホワイトロリータは、
細長くねじったビスケット状の上に
ミルククリームがコーティングされています。
1965年に発売されたお菓子なので
多くの人に認知されているお菓子だと言えます。

ロリータという名前に敏感に反応しそうですが、
ロリータとは、ロータリー式の回転機で製造する
工程で「ねじる」ということから生まれて
イメージされた合成語のようです。

一般的に言われるロリータとは、
全く関係ないようです。

食感としては、結構、堅めなんですよね。
パリッとかんで、かんだ後は、ミルククリームの味がして、
甘めのお菓子です。

お菓子の定番のひとつだと言えます。

ルマンド

ルマンド

ルマンド

ルマンドは、紫のパッケージで
おなじみです。

何層にも重なった薄いクレープ生地を
ココアクリームでおおわれています。

昭和49年に発売されたお菓子のようです。

ルマンドってどんな意味があるんだろうと
思った人は、少なくないはず。

ルマンドを調べると、実は、造語だったんです。

高級感のあるフランス語のようなイメージから
発想されたのがルマンドです。

ちなみに、フランス語でle monde(ルモンド)という
言葉がありますが、これは、世界という意味だそうです。

ルマンドの食感は、パリッとしていて、
柔らかく軽い感じです。
食べると、必ず、お菓子のかすが
ポロポロこぼれるので、
食べるときに注意が必要なお菓子ですねー。

ルマンドは、2017年に新たなお菓子が
発売されました。

それが、ルマンドアイス!!

ルマンドアイス

ルマンドアイス

人気のあまり販売休止となった
ルマンドアイスですが、
2017年10月2日(月)からは、
北海道や東北まで販売エリアが
増えるようです。

エリーゼ

エリーゼ

エリーゼ

エリーゼは細長いスティック状の
ウエハースの中にクリームが
入っています。

クリームは、お菓子の袋が白い袋なら、
ミルククリーム。
黒い袋ならチョコレートクリームです。

ちなみに私はホワイト派で、
こどものときにエリーゼを食べるときは、
ホワイトばかり食べてました。

エリーゼの白黒論争は、よくあって、
白ばっかり食べる人や
黒ばっかり食べる極端な人は
少なくありません。

エリーゼは、細長いスティック状のお菓子なので、
非常に食べやすく、お菓子のかすが落ちることが
少ないです。

エリーゼの名前の由来は、可愛らしい少女の名前を
イメージしてつけられました。
エリーゼは、ドイツ圏で女性につけられる名前だそうです。

こどもの頃は、このお菓子を見ると、
何故か、エリーゼのためにを思い出していました。

そんなエリーゼですが、ご当地シリーズがあります。

関西なら、

「宇治抹茶クリーム」
「紀州梅クリーム」

があります。

沖縄なら、

「紅いもクリーム」
「沖縄産黒糖クリーム」

北海道なら、

「夕張メロンクリーム」
「あずきミルククリーム」

などがあります。

スポンサードリンク

バームロール

バームロール

バームロール

バームロールは、
ロールケーキをまろやかなホワイトクリームで
包まれています。

今までのお菓子の中でもっとも
感触がソフトなお菓子で
柔らかいので食べやすいお菓子
だと言えます。

バームロールの名前の由来は、
今まで1番分かりやすいですね。
バーム状のロールケーキが由来に
なっています。

個人的には、今まで4つのお菓子の中で
バームロールが1番食べたいと
感じます。

バームロールが1番だと思う理由は、
やはり、食感が柔らかいと言う点があります。

ルーベラ

ルーベラ

ルーベラ

ルーベラは、バターをたっぷり使った
ラングドシャクッキーをくるっと巻き上げた
お菓子です。バター含有率はなんと12%!

食べたときの食感がサクッとしており、
非常に食べやすいお菓子のひとつです。

ルーベラの名前の由来は、
フランスゆかりのお菓子で
あることから名づけた造語だそうです。

造語シリーズが多いですねー。

バターがたっぷり含んでいて
食べやすく、ちょっと食べたら、
クセになる味だと言えます。

ルーベラを食べたら、分かるんですけど、
これを似た有名なお菓子がありますよね?

百貨店などで販売されているヨックモックの
シガールです。

ルーベラとシガールを見比べ見ると、
かなり似ています。

しかし、味は、違っていて、
サクサク感も違います。
何より価格が全く違います。

ルーベラは10本で120円ちょっとですが、
シガールは、16本で1,080円します。
そりゃ、味もサクサク感も違うわけです。

シガールのほうがサクサクしてて、
味も濃厚だと言えます。

一度、味を食べ比べたら、面白いと思います。

関西お菓子対決の結果

ちゃちゃ入れマンデーの
関西お菓子対決の結果は・・・

1位 ルマンド
2位 エリーゼ
3位 ホワイトロリータ

ルマンドが圧倒的でした!w

上品だとかいう理由がおおかったですね!

ちなみに、ルマンドのアイス版である
ルマンドアイスは、関西でまだ
発売しておりません。

ひょっとしたら、年内に
関西でもルマンドアイスが発売されるかも
ということです!

error: Content is protected !!