スプリンターズステークス2017は内枠有利?荒れる脚質は?結果は?

2017年の秋競馬がスタートし、
最初のG1レースが始まります。

電撃の6ハロン
中山競馬場で行われる
スプリンターズステークス(G1)です。

スプリンターズステークスと言えば、
個人的には、デュランダルを思い出します。

6ハロンなのに追い込みで馬券圏内に
必ず来るという末脚!!

かなり魅了されました。
結構、前の話だから、知らない人も
多いかもしれませんね。

今年のスプリンターズステークスは、
どんなドラマが待っているのでしょうか?

スポンサードリンク

2017年のスプリンターズステークスは?

2017年のスプリンターズステークスは?

2017年のスプリンターズステークスは?

出走馬(1~8)

出走馬(1~8)

出走馬(9~16)

出走馬(9~16)

2017年のスプリンターズステークスの出走馬は、16頭です。
近年の1200mのスプリント戦は、これと言った軸馬がいません。

以前は、ロードカナロアだとか、デュランダルだとか、
必ず、馬券圏内をにぎわす馬っていたんですよね。

最近は、信頼できる馬がいないので、オッズも
割れる傾向があります。

春のG1スプリントレースの高松宮記念では、
セイウンコウセイが優勝しました。

しかし、セイウンコウセイは、前走、
函館スプリントステークス(G3)で
4着と敗退しています。

この敗退が実力を出して負けているのか、それとも
コンディションなのかは分かりませんが、
こういったことが考慮されて、春のG1レースで優勝したのにも
関わらず、そこまで人気を集めていません。

スプリンターズステークスのみどころは?

中山競馬場の1200m戦は、圧倒的な先行有利だと言えます。

中山競馬場の1200m戦

中山競馬場の1200m戦

中山競馬場のコースの特性を見れば、
分かるかと思います。

1200mのコースって、おむすび状のコースなんですよね。
だから、外枠だとどうしても、距離ロスが多くなります。

中山競馬場の芝の1200m戦でありがちなレースは、
最内枠に逃げ馬が入って、スタートを決めて、ゴールまで
逃げ切るというパターンです。

多少、力が足りなくても、1枠、逃げという条件がそろえば、
圧勝することだってあり得ます。

スプリンターズステークスの見どころは、やはり、スタートです。
スタートである程度、結果は決まってしまうだろうと思います。

特に今回のような実力が拮抗しているメンバーであれば、
いいスタートを切った馬が間違いなく、上位に入選するでしょう。

かと、スタートがいいだけで優勝するかというと、
中山競馬場は、最後の直線は、急激な坂になっています。

ここを力強く登り切れる馬じゃないと厳しいと言えます。

単なる逃げ馬であれば、最後の直線で、
あっさり失速する可能性も有り得ます。
ある程度、パワーが必要だと言えるでしょう。

スプリンターズステークスは内枠有利?

先ほど、中山競馬場のコース特性をお伝えしましたが、
内枠が有利なコースになります。

しかし、過去10年のスプリンターズステークスの
3着までに入った枠を見てみると、
内枠有利だとは言えません。

内枠で上位に来たのは、過去10年で2回。

2007年の 1枠アイルラヴァゲインの3着
2015年の 1枠ストレイトガールの1着

内枠有利と言いつつ、スプリンターズステークスでは、
そこまで意識しなくていいのでは、という結論に
なります。

スプリンターズステークスで、
過去10年でよく上位にきている枠は、
オレンジの7枠となります。

今年も注意が必要ではないでしょうか?

スプリンターズステークスの有利な脚質は?

1200mのスプリント戦なので、最後方から一気に
ごぼう抜きする戦法は、よっぽどの力がない限り、
難しいと言えるでしょう。

中山競馬場のコース特性からしても、
ある程度、前目につけて、じっくり脚をためて、
直線で爆発する馬か、
思い切って、逃げて、粘り込みをはかる馬が
有利な脚質ではないかと思います。

逃げ、先行の脚質が有利と言えるでしょう。

今回、逃げそう馬は、結構いるんですよね。

フィドゥーシア、ワンスインナムーン、シュウジ
ここあたりが逃げ争いになるでしょう。

そのあとに、先行する人気どころ、
セイウンコウセイ、ダイアナヘイロー、ビッグアーサー、
ファインニードルあたりがくるでしょうか。

最後の直線で、先行勢が粘り切るのか、それとも、
先行勢がばてて、後方の馬に飲み込まれるのか、
そのあたりにも注目が集まります。

スプリンターズステークスが荒れるとすると・・・・

事前のオッズからして、本命馬で決着する感じが
しませんが、本命馬で決着したとしても、
配当は、高くなると思います。

昨年のスプリンターズステークスの覇者は、
レッドファルクスです。

実力で言えば、レッドファルクスだと言えます。

しかし、春の高松宮記念で3着に敗れています。
これがダントツ1番人気にならないひとつの要因でしょう。

では、スプリンターズステークスが荒れるとすると、
どんなケースが考えられるでしょう。

ひとつは、逃げ馬がまんまと逃げきるパターンです。

さきほど、お伝えした逃げ馬3頭の
フィドゥーシア、ワンスインナムーン、シュウジは、
9番人気、11番人気、12番人気と
全く人気がありません。

人気上位馬が後方でけん制しあっている間で、
すいすいと逃げ馬が楽に逃げ切る、もしくは、
3着までに粘りこむシーンは、よくある荒れるパターンです。

頭に人気薄の馬が来れば、3連単は、
とんでもない配当になります。

気をつけたいケースのひとつですね。

また、1番人気になるであろうレッドファルクスは、
ある程度、軸馬として、選んでいる方が多いと思います。
実力は、あっても、馬の当日のコンディションや
レース展開では、実力を発揮できないケースがあります。

その場合、軸馬が着外になり、配当が高くなるでしょう。
荒れるとするなら、1番人気が着外になるか、
逃げ馬が逃げ残るパターンがあると言えるでしょう。

秋競馬のG1レース第1弾、
どんなレースがおこなわれるか期待したいと思います。

スプリンターズステークス2017の結果

JRAホームページより

JRAホームページより

1着は、デムーロ騎乗の1番人気のレッドファルクスで
鮮やかな末脚で外から差し切りました。

馬の力もありますが、デムーロ騎手だからこその
絶力なタイミングで加速し、1着で
ゴール板を駆け抜けました。

2着は、レッツゴードンキ。
いつもギリギリで勝てないイメージが定着してきました。
今回のレースでも、残り100メートル地点では、
勝ったかと思いましたが、惜しい2着でした。

3着は、逃げたワンスインナムーンでした。

上位がほとんど内のコースを通っていたのに、
レッドファルクスだけの外のコースでした。
レッドファルクスの強さが光るレースと言えます。

G1レースは、外国人ジョッキーは、
やはり、上位にきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



error: Content is protected !!