民進党・リベラル派が新党・立憲民主党を立ち上げる理由、メリットは?

民進党が小池東京都知事が立ち上げた
新党・希望の党へ合流して、
総選挙を戦っていくという話題で、
民進党の一部の公認候補が
希望の党から排除される方針が
発表されました。

スポンサードリンク

民進党が希望の党に合流するメリット

枝野幸男

枝野幸男

何故、民進党が希望の党に合流するのか?

1番の理由は、民進党が希望の党に合流することによって、
同じグループの政党の人数を増やして、
有利に衆議院選挙を戦いたいからでしょう。

野党の衆議院選挙の目的は、
「安倍政権を倒すためという一点」
です。

そのためには、団結して戦ったほうがいいという考えで、
合流することは、お互いの党にとって、
メリットが大きいからなんです。

民進党では、
希望の党に合流するための大きな離党の動きがありました。

その中で、衆議院総選挙を有利に戦うためには、
政権批判という目的で、希望の党と連携するしか
方法はありませんでした。

希望の党として、新党として立ち上げたばかりで、
選挙に対しての準備期間が短く、
全国で候補者を立てるは、難しい状態でした。

そのため、全国組織である民進党と合流することで
候補者を全国で立てやすくするという狙いがあります。

ただ、「安倍政権を倒すためという一点」という目的が
希望の党と民進党で一致しても、
政策や理念で一致しなければ、
政党としての意味はありません。

ただ、選挙に勝つだけのために、合流すると
とらえられても仕方ありません。

希望の党の方針は?

希望の党は、小池東京都知事が
会見で話していたとおり、
「日本の心を守っていく保守」という
政党です。

いわゆる、保守政党となります。

「しがらみのない政治」「改革する保守」ということを
会見では協調していました。

このため、民進党のリベラル派は、
希望の党へ合流するには、
理念を曲げる必要があります。

民進党では、党で衆議院選挙で、
公認しない方針なので、
希望の党に合流するか、
無所属で立候補する必要があります。

希望の党へ合流を希望しない議員には、
こういった声があがっています。

「無所属でやりたい。希望の党とは肌が合わない」
「主張を曲げ選挙に勝つためにだけ戦うというのは有権者にわかりにくい」

ただ、どこの政党にも属さない無所属は、
資金面で支援などが受けられないので、
大きなデメリットがあると言えます。

今まで主張や理念をしっかりもって、
議員をやってきた方にとって、
それを曲げて、選挙にだけ勝つために、
希望の党へ合流するのは、
かなり抵抗があると思います。

スポンサードリンク

合流反対派が新党を立ち上げ

そんな中で民進党で新たな動きが出てきました。

希望の党に合流しない民進党衆議院議員を集めて、
新党を結成することが分かりました。

これは、希望の党が民進党の議員を全て受け入れるとは
限らないということに対する反発となります。

小池東京都知事が先日の会見で
「リベラルは、排除する」
と強く発言しておりました。

リベラル派とは?何?意味?分かりやすく説明、解説!希望の党は?

新しい政党は、「立憲民主党」を検討しているようです。

新党では、社民党、共産党と選挙協力を行い、
有利に選挙を戦っていくようです。

この新党には、

・赤松広隆元衆院副議長(愛知5区)
・佐々木隆博氏(北海道6区)
・辻元清美氏(大阪10区)
・阿部知子氏(比例南関東)

が参加する見通しのようです。

希望の党への合流する議員の人数は?

気になるのが、民進党からどれくらい人数が
合流したのかという部分です。

希望の党は、衆議院選挙で、
220人以上、公認候補を擁立するということです。

その内訳は、希望の党の独自候補がおよそ80人、
民進党から希望の党への合流組が130人だということです。

民進党から立候補を予定していた議員のうち、
およそ3分の2が希望の党に認められて立候補となるようです。

首相経験者の菅直人、野田佳彦や、枝野幸男代表代行などの
民進党リベラル系議員は、
希望の党への合流が認められませんでした。

2017年の衆議院総選挙の見どころは?

これにより2017年の衆議院選挙は、

・自民・公明
・希望・日本維新の会
・民進リベラル系・共産・社民

この大きな3つのグループで争われることにになりました。

「自民・公明」が有利な流れになってきたような
気がしますね。

衆議院選挙は、一体、どうなるんでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています



コメント

  1. […] 民進・リベラル派が新党・民主党を立ち上げる理由とは?メリットは? […]

error: Content is protected !!